スリランカ産チリピース。再入荷。

IMG_7604長らく欠品状態が続いていました
කෑලි මිරිස් キャーリミリス
Chilling Pieces チリピース
がようやく再入荷。

IMG_7606
まずはオンラインストア「スパイスカラピンチャ」で100g入りの袋にパックして再販開始です。
(王子公園店舗でも近日中に販売開始予定)

粉末までは行かず、粗く挽いた乾燥唐辛子は様々なスリランカ料理で活躍します。
ルヌミリス、ポルサンボーラ、各テルダーラ、デウィルなどなど。

単なる辛み付けではなく、食欲をそそるよい香りを加えてくれます。
ただ産地によってその風味が大きく異なります。

国内では流通量が少ないスリランカ産のチリピース。
とてもいい香りです!

以下のバナーから是非ご利用ください。
スパイスカラピンチャよろしくお願いします。

3月カレンダー。2020.

カラピンチャ王子公園店舗、
改めて、2月のカレンダーと
新たに、3月の営業カレンダーを掲載します。

KJC202002

KJC202003S

長期休業明けは、2月22日(土)から営業を再開します。
3月は、上旬1(日)、4(水)に臨時休業します。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

3月も宜しくお願いします。

スリーパーダ。2020. その前後はRailway Lodgeでランチ。

今年もスリーパーダに登ってきました。
僕8回目、妻7回目。

毎年恒例なので、今年の様子ははサクッと写真で。

今までスリーパーダを訪れた様子、スリーパーダについての説明は以下のリンクからご参照ください。
カテゴリー:スリーパーダ http://karapincha.jp/blog/?cat=645
では、今年の写真達。

IMG_7185 IMG_7195 IMG_7201 IMG_7207 IMG_7208 IMG_7210 IMG_7217 IMG_7226 IMG_7245 IMG_7252 IMG_7258 IMG_7265 IMG_7277 IMG_7279山頂のお寺で、初心に帰り、最高の日の出を拝みました。

清々しい気持ち&引き締まる思い。

これからも宜しくお願いします。

山道は、年々整備が進み、ほぼ全道に階段と手摺りがあります。
「登山」と捉えると味気ないのですが、ここはスリランカの人々にとっての聖なる地。
お年寄りや子供でも安全に登れるようにされています。
僕達もにお邪魔させてもらい、手を合わせるために登っています。

スリーパーダを訪れる際は、
清い心構えとスリランカの人々へのリスペクトを持って登ることで、より深くこの山の素晴らしさを実感できると思います。

 


<食事編>

今回は、
スリーパーダ訪問に際して、Hatton(ハタン/ハットン)という街にある宿
Railway Lodge レイルウェイロッジ を利用しました。

IMG_7163Hattonの駅のすぐそば。

IMG_7168深夜に登る前の仮眠と下山後のシャワー利用なので、部屋はドミトリーを選択。

この宿は、
昨年、一緒にスリーパーダを登った福岡のスリランカカレー店「バダピリラ」の安部さん達が利用していたところ。

こちらで、
登る前後に頂いた食事が、なかなか美味しかったので紹介します。
前に食べたライス&カリーはこんな感じ。(友人も含めて3人で)

IMG_7139 IMG_7140පොළොස් ポロス (若いジャックフルーツ)

IMG_7141මුකුණුවැන්න ムクヌウェンナ という葉野菜

IMG_7142ඉස්සෝ イッソー(エビ)。珍しく皮を剥いた状態。

IMG_7144දැල්ලෝ ダッロー(イカ)
内陸地なのに、シーフードが楽しめる。

IMG_7148 IMG_7153食後は
කිරි පැණි キリパニ。
どれも、丁寧な調理で大満足。

そして、疲れて腹ペコ。下山後のランチは。
IMG_7286 IMG_7290 IMG_7291Railway Lodgeのシグネーチャーでもあるチキンブリヤーニ
そしてシーフードヌードルス
さらに、BBQチキンまで行ってしまった。

でも、味が強すぎることなく、バッチリ美味しい!

IMG_7164スリーパーダに行くのでなければ、なかなか行くことがないHasttonの街ですが、
ローカル、ビジター、共に楽しめるオススメのレストラン&宿です。

IMG_7283そして、やってきた列車に乗ってHattonを後にしました。

ありがとうございました。
また来ます!

ティッサホテル。2020.

今年もキャーガッラのバッラパーナにあるティッサホテルへ。

IMG_7021僕が2011年-2012年に働いていた食堂です。
ティッサ社長はじめ、いつもの面々が暖かく迎えてくれます!
泊まり込みでお邪魔してきました。

ほぼ毎年訪問、頻繁にブログに記してるので、
今年は面白かったところをサクっと紹介します。

過去のブログは以下からお時間あるときにどうぞ。
バッラパーナ。ティッサホテル2019. http://karapincha.jp/blog/?p=6292
ティッサホテル。2017夏. http://karapincha.jp/blog/?p=4965
ティッサ食堂。2017. http://karapincha.jp/blog/?p=4038
バッラパーナ。ティッサ食堂へ。2015. http://karapincha.jp/blog/?p=2762

 

厨房の様子

IMG_6845食堂部門のキッチンを取り仕切るランジットさん。

IMG_6843焼き立てマールパーン。

IMG_7183休憩中。

IMG_6857ロティの生地。一日小麦粉約20kg。

IMG_68196連アーッパ焼き。

IMG_6820コットゥ!

IMG_6867キリテー。

IMG_7090
お昼のビュッフェ、

IMG_7094バッチリ辛くて、すっきりウマイ!

夜は、
IMG_6838コットゥロティに、フライドライスに、ビッタラアーッパ。
これまたウマイ!

 

隣接するウェディングホールの厨房へ。
なぜかこっちは、GRAND CHARIOT HOTELという名前にw
Facebookページもあり。

IMG_6934マイメン。スジー。

IMGaaa献立。
英語になってる。しかも印刷。

今日は少なめの100人参加の結婚式の準備。(多い時は500人の式を3会場分)

 

IMG_7009කජු මාළුව カジュ マールワ(カシューナッツのカレー)

IMG_6889カラフルなサラーダに。

IMG_7055එළවලු බත් エラワル バト(野菜の混ぜご飯)

 

こっちの厨房を取り仕切るのは、

IMG_6951

新たなシェフ、ラビン。
彼の料理がとても面白い!

スリランカ料理では登場頻度の低い
කොත්තමල්ලි කොළ​ コッタマッリ・コラ(コリアンダー・リーフ/香草/パウチー)

IMG_6949IMG_6983チキンカレー作りの前後で投入。

 

びっくりしたのが、
スリランカ南部の魚の伝統料理
මාළු ඇඹුල් තියල් マール アンブル ティヤル
土鍋で作るのが定番です。

IMG_6872ペーストにしたゴラカと大量の黒胡椒でマリネ。

IMG_6880それを、

IMG_6883オーブン(!?)で、

IMG_6943焼き目をつけて仕上げちゃう。
自由!
美味しい!
感激!

IMG_7043

美しい!

IMG_6892

IMG_7016IMG_7028カービング。

他にも刺激的なテクニックをが多数。
勉強になります!

毎年、このティッサホテルに来ることで、
スリランカ料理の根幹を再確認しつつも、変化、進化、トレンドにも気づかされます。
ありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。