木曜&金曜。カラピンチャデリバリー。

カラピンチャではスリランカ式包み弁当「パーセル」を販売しております。
「パーセル」については以下リンクの前記事をご参照ください。
https://karapincha.jp/blog/?p=7359

そして、
その「パーセル」デリバリーも行っています。(2020/5/7開始)

karapincha_DELI暖か「Karapincha Delivery/カラピンチャ デリバリー」

曜日、地域、数量を限定した有料での配達です。

車を使った配達で、
当日の朝(8:00から10:00まで)「カラピンチャLINE公式アカウント」で注文を受付け(限定数)。全ての弁当を積み込み、11:00から12:30の間でぐるっと配って回ります。配達時間の指定はできませんが、おおよその到着時間は10:30前後にお知らせします。
車での配達のため玄関前までのお届けは難しく、配達先の前に停車中の車まで取りに来ていただく形になります。

利用方法と注意事項を以下に記します。
複数のお客様への配達を円滑に行うため、細かい事項を多数設定しています。
ご注文の際は良く読んでご利用ください。

 

<配達曜日>
木曜日と金曜日のみ。 店舗が休業の場合は配達も行いません。
営業カレンダーは下記の通りです↓

(カレンダーは随時更新されます)

 

<配達地域>
曜日によって配達エリアが異なります。

木曜日は 灘区、中央区
ただし、
灘区/六甲山町、摩耶山町
中央区/葺合町、神戸港地方、神戸空港
への配達はできません。

◎金曜日は、灘区、東灘区
ただし、
灘区/六甲山町、摩耶山町
東灘区/本山町森、本山町田辺
への配達はできません。

 

<注文方法>
「カラピンチャLINE公式アカウント」で注文を受付けます。
LINEアプリから「友だち追加」をお願いします。

LINE ID「 @karapincha 」で検索。

もしくは、以下のボタンから(リンク)↓
友だち追加

もしくは、以下QRコードから↓
文字入りQRss

こちらのアカウント宛に、

代表者氏名:
郵便番号:
住所:
配達時に連絡のつく電話番号:
配達指定場所:

注文内容:(記事後半で記入方法を記しています。)
合計弁当数:

を入力して、
配達希望”当日”の8:00から10:00の間にメッセージを送ってください。
こちらから確定の返信をもっての注文確定となります。
8:00より早い場合、また10:00より遅い場合、当日以外の注文は無効とさせていただきます。
数に限りがあるため、先着順で数量に達した場合は時間内の注文でも受付けることができません。
ご了承ください。


<料金>
弁当の料金とは別に配達料金をいただきます。

弁当数4個までにつき400円(税込)

弁当数5個以上8個以下の場合は、600円(税込)
9個以上の注文は仕込量の都合上お受けできません。


<配達方法>
車での配達のため玄関先までお弁当をお持ちすることができません。
注文時にご記入いただいた指定場所に停車中の車まで弁当を取りに来てください。
到着の少し前、もしくは到着後に、記入いただいた電話番号にスタッフの携帯電話から連絡いたします。
電話を受けることが難しい場合は、LINEのメッセージで対応しますので、ご注文時にそのことをお伝えください。ただし、必ずこちらからのメッセージに3分以内に返信をください。(「了解!」だけでもOKです。)
電話を取っていただけない場合、もしくはメッセージの返信がない場合は、次の配達先に向かいます。再配達はできません。料金(弁当代+配達代)は後ほど請求いたします。ご了承ください。
アレックスsこちらのTOYOTA アレックス(シルバー)でスタッフSUGI君が配達します。


<支払い方法>
注文確定の返信文にて、料金総額(弁当代+配達代/税込)も合わせてお知らせします。
配達時にスタッフにお支払いください。
現金もしくはPayPayのお支払いをお願いします。
できるだけ1万円札でのお支払いを控えていただけますと助かります。


<配達時間>
配達時間のご指定は出来ません。
11:00前にカラピンチャ店舗(灘区王子町)を出発し、全配達箇所を最適なルートで回って行きます。12:30までの配達完了を予定しております。
デリバリー出発前(10:30前後)に、おおよその到着予定時間を注文が確定した方々にお知らせします。
ただし、あくまでルートを設定して算出した時間で、確約するものではありません。実際に指定場所に近づいた時に改めて連絡をいたします。
到着予定時間の前後は、電話およびLINEにて対応できるようにしておいてください。
交通状況やトラブルによる遅延の可能性もございます。12:30までに到着できない場合は、連絡を差し上げて遅れても配達を行います。その場合のキャンセルは受付けます。
状況によっては配達ができなくなる場合もございます。
ご了承ください。


<メニュー/注文内容の記入方法>
メニューは、お持ち帰りと同じ内容です。
ToGOメニューP01_202104ToGoメニューP02_202104

【メインのカレーを4つから選択】
◎チキン
◎エビ
◎魚(週替り)
◎ベジ(週替り)

【大盛りを希望する場合】
◎ご飯大盛り プラス100円
◎ご飯とカレー両方大盛り プラス200円
どちらかを指定。
指定がない大盛り希望は「ご飯大盛りプラス100円」で対応いたします。

※「週替り」と記したものは、カラピンチャの各SNS( Instagramfacebooktwitter)で毎週お知らせしています。

【スリランカ米への変更】
スリランカ米への変更(プラス200円)を希望する場合は、
「スリランカ米」と記入。
スリランカ米の種類は週替りです。
ご飯の指定がない場合は、日本米(滋賀県産キヌヒカリ七分搗き)でご用意します。

【オプション】
メニュー2枚目のオプションを希望される場合は、希望の商品名を記入。
各弁当にオプションを一緒に入れてお包みします。
複数の弁当をご購入の場合は、どの弁当に、どのオプションを入れるを分かるようににご記入ください。

【ドリンク】
スリランカのジンジャーエール「EGB ジンジャービア」300円(税込み)(330ml缶)をご希望の場合は「EGB」とご記入下さい。

【スパイス製品】
もしご希望であれば、当店で取り扱うスパイスや食品等もお弁当と一緒に配達します。取扱い商品は、以下バナーリンクのオンラインストアをご参照ください。
スリランカスパイス カラピンチャ配達、ご希望の場合は、注文時にお伝えください。追加の配達料はかかりません。

【カラピンチャ各SNSのリンク】
「Instagram」 karapincha_jp
「facebookページ」 karapincha.jp
「twitter」 karapinchaJP

 

<ご注文例>
以下、ご注文の記入例を記します。

代表者氏名:
濱田祐介
郵便番号:657-0838
住所:神戸市灘区王子町1-2-13 セイロンマンション101
配達時に連絡のつく電話番号:078-805-3039(できれば携帯電話番号で)
配達指定場所:
マンション前の道は停車できないので、北側にある公園前に停車してください。取りに行きます。
注文内容:
チキンカレー、ご飯大盛り、カトゥレット/1個
エビカレー、スリランカ米、シンハラ アッチャール/1個
チキンカレー、ご飯とカレー両方大盛り、スリランカ米、揚げ玉子/1個
EGB2本
合計弁当数:3個

このように「カラピンチャLINE公式アカウント」まで当日の8:00から10:00の間にメッセージをください。こちらからの返信を持って注文確定となります。
お預かりした個人情報は、チャット画面以外では管理いたしません。別の日のリピート注文の場合も、再度、全ての項目の記入をお願いします。

<注文記入コピーペースト用文字>
以下の文字をコピーペーストして、ご使用いただければ記入漏れを防げると思います。

代表者氏名:
郵便番号:
住所:
配達時に連絡のつく電話番号:
配達指定場所:
注文内容:
合計弁当数:

 

なお、
Karapincha Delivery/カラピンチャ デリバリー」
に関する質問等は、「カラピンチャLINE公式アカウント」でも受け付けますが、運営スタッフがフルタイム勤務ではないため、対応が遅れる場合もございます。ご了承ください。
カラピンチャ店舗に営業日の15:00-19:00の間に電話いただいてもご質問にお応えします。
電話番号:078-805-3039

どうぞ宜しくお願いします。

 

カラピンチャ 店主 濱田祐介

スリランカ スパイスセット 登場。

スリランカのカレー(及び料理)を調理するために必要なちょうどの量のスパイスがひとまとめになったスパイスセットができました!

「スリランカ スパイスセット」 “Sri Lankan Spice Set”
スリランカスパイスセット

<スリランカ スパイスセット商品ページ>
・チキンカレー用スパイスセット

・ポークカレー(汁気の少ないタイプ)用スパイスセット
・レンズ豆のカレー用スパイスセット
・ポルサンボーラ(ココナッツのふりかけ)用スパイスセット

カラピンチャでは、スリランカのスパイスを輸入し、販売をしています。おかげさまでたくさんの方々に利用していただいています。本当にありがとうございます。

しかしながら、
新たにスリランカのカレーや料理作りに興味を持っていただいた方々にとって、スパイスを揃えてのカレー作りは、まだまだハードルが高いことも実感しています。

「作り方がわからない」
「スパイスを揃えるのは大変」
「スパイスを使い切れず、余してしまう」….etc….

もっと身近に、もっと手軽に、スリランカのカレー作りを楽しめるように。
4人分の料理に必要なちょうどの量のスパイスが、ひとまとめになったスパイスセットを作りました。
スパイスセットチキン(写真:チキンカレー用スパイスセットの中身)
スパイスは手順別に小分けされて、作り方を丁寧に解説するレシピ冊子も入っています。(鶏肉や玉ねぎなどの具材は別途用意する必要があります。)

スパイスセットを使って出来上がった料理のイメージはこんな感じ。
スパイスセット完成イメージ写真:チキンカレー(左上)、ブラックポークカレー(右上)、レンズ豆のカレー(左下)、ポルサンボーラ(右下)。

それぞれ特徴的な味わいで美味しい!

さらに、
よりスリランカ的な食べ方のおすすめは、
スリランカスパイスセット盛り付け合わせての盛り付け。
写真は、「チキンカレー」、「レンズ豆のカレー」、「ポルサンボーラ」、さらに別商品の「パパダン」を盛り付け。
混ぜながら食べれば、よりスリランカな味わいに!

今までスリランカカレー作りに一歩踏み出せずにいた方々に、是非トライしてほしいです。

また、すでにエスニック料理やカレー作りを楽しんでいる方々にとっても、便利なアイテムになるはずです。
例えば、
「友人宅での料理会」
「旅行先での調理」
「キャンプでのアウトドア調理」など
いつものキッチンを離れての調理の際に、たくさんのスパイスを持っていかなくても、「スリランカ スパイスセット」があれば大丈夫。

 

中身のスパイスは全てスリランカ産(豆のみインド産)。主にはスリランカの大手スパイスメーカー”RUHUNU FOODS”の高品質なものを使用しています。

レシピに関しましても、なるべくシンプルにまとめていますが、カラピンチャ店主が2004年よりスリランカへ通い続け、たくさんの家庭や食堂で教わった作り方をベースに作成した、現地のスタイルを重視した内容です。

「スリランカ スパイスセット」は、カラピンチャの店頭及び、通販サイト「スパイスカラピンチャ」で販売を開始します。
スパイスカラピンチャ
多くの方々に「身近に、手軽に」
スリランカ料理の「楽しさ、美味しさ」を実感してほしいです!

どうぞよろしくお願いします★

大分県臼杵市。学校給食でスリランカカレー。

紹介したいニュースがありまして、ここに書かせていただきます。
大分県臼杵市とスリランカのキャンディ市は姉妹都市となって50周年。それを記念して、10月6日に、スリランカのことを学ぶ授業が行われました。
さらに、その日は臼杵市内全ての公立小中学校、幼稚園でスリランカカレーの給食が提供されました。
 
%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%863

そのことが紹介された新聞記事。

そのカレーの作り方を教えたのは、兵庫県宝塚市のスリランカ料理店「シャンティランカ」のニシャンティさん。臼杵市給食センターの山本さんが九州や関西で数店のスリランカレーを食べて、子供でも美味しく食べることができるカレーに最適だと、ニシャンティさんにお願いされたそうです。

そして、そのニシャンティさんの紹介で、その日の給食約3,000食分のカレーを作るためのスパイスを「スパイス・カラピンチャ」で用意させていただきました!
スリランカのカレー粉「トゥナパハ」やスリランカの鰹節「ウンバラカダ(モルディブフィッシュ)」、ココナッツミルクパウダーなどスリランカ料理に欠かせないアイテムです。
※スパイスカラピンチャの取扱品目は以下、バナーから見ていただけます。
日本の子供達が、学校でスリランカのことを学んで、スリランカのカレーを食べるなんて、めちゃめちゃ素敵ですね!
微力ですが、その一端に担うことができて光栄です。
そもそも自分が質のいいスパイスを安定的に使いたいと始めたスパイスの輸入。そして、多くの人にスリランカ料理に親しんで欲しいと始めたスパイスの販売。それがこのように活用されるのは本当に嬉しいです!
その時の授業の様子、スリランカカレーについての解説、給食を作っている様子など、直接、山本さんがカラピンチャまで持って来てくれた資料を掲載しています。是非、ご覧ください!

%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%861

スリランカカレーについて分かりやすく、解説された資料。


%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%862

給食の写真と作っている様子。美味しそう!そんですごい量!!!

 

スリランカについての授業

授業の様子。この授業、僕も受けたいw。

 

山本さん、ニシャンティさん、関係の皆様、そして園児、生徒の皆様、ありがとうございます!!

 

初めてのスリランカカレー・レシピ動画

「スリランカスパイス・カラピンチャ」のサイトに、いくつかの簡単なスリランカカレーの作り方動画をアップしました。
まだまだ馴染み薄いスリランカのスパイスですが、ご興味ある方は参考にしていただけると嬉しいです!

スリランカスパイス・カラピンチャ
スリランカカレー動画イメージ

宜しくお願いします★

コロンボにて。

今。コロンボにいます。
スリランカでダントツに大きい街。行く度に、高層ビルが増えて、道も新たに、人々の服装も変化し、発展し続ける大都市。

いつもはコロンボに滞在することは少ないのですが、今回は少しの間ここで、色々な場所や人を訪ねました。

まずは、
世界的に有名なスリランカの建築家、ジェフリー・バワ(1919-2003)の元邸宅『ナンバー・イレブン」を見学。




※撮影許可エリアのみの写真。
スリランカ全土、大小様々なバワの建築がありますが、ここは、彼の生活が等身大で反映された、かっこ良く、そして居心地のいい空間でした。
アクセスも容易で、コロンボを観光される方にはオススメです。

 

また
日本のスリランカの友人を介して、知り合えた、とあるHOTEL&RESTAURANTで菜食料理を教わりました。


ラトゥキャクルハール(赤米)のインディアーッパ。きちんとお米から粉を作って作ります。
左のアラホディ(じゃがいもの汁カレー)。クルドゥ(セイロンシナモン)がバチッと効いててニアマイ!

トーセ。
タミルの人々の料理。南インドでのドーサという名称のほうが日本ではポピュラーですね。パリパリではなく、フワっと柔らかいのがスリランカの「トーセ」。
シンハラの人も良く作り、良く食べます。
手前の緑のは、カラピンチャサンボーラ。上のパリップと一緒に、トーセを千切って千切ってぐちゃぐちゃに混ぜて、旨いです!

ムンアタキリバット。再び!!
アマヤさんのお家の比べると、ムング豆の割合が多く、右のルヌミリスはあんまり潰さないのが特徴的。
いずれの料理も過去に教わったことのあるものですが、作り手違えば、調理法も様々。どれだけ教わっても面白いです。。。

 

外食の部。

ムスリルの料理ですが。

チキン・ブリヤーニ。
シンハラの人もタミルの人もみんな好きです。

インドやパキスタンのビリヤニに関して詳しくないですが、きっとスリランカ的なビリヤニ。ブリヤーニです。これ。
お米はキーリサンバ。左下のチリペースト(揚げた小エビ&玉ねぎの甘辛炒め)がええ仕事します!

 

それから、
お寺にも訪問。

こちらのお寺のハームドゥルオ(お坊さん)は、毎年、日本に来て、ウェサック祭りをしてくれるダンミカ・ハームドゥルオです。
再会できて嬉しいです!
(ハームドゥルオとの一緒に写真を取り忘れ。。。また日本で。)
お寺の敷地内には、幼稚園もあり、めちゃくちゃ元気な子供達に配膳、配膳。


僕らも食事を頂きました!

ごちそうさまでした!!

 

そして、その後。
ダンミカ・ハームドゥルオの紹介で、大リスペクトな方とお会いできました!

ジャーン!

Chef. Publis Silva。
世界的に最も著名なスリランカ料理のシェフ「パブリス・シルワ」さん!!

200年 以上の歴史を持つスリランカのリゾートホテル「マウントラビニアホテル」

こちらで長年料理長を勤めながら、世界各国へスリランカ料理を広める活動もされています。現在79歳。いまでもバリバリ現役料理人!
スリランカ料理を志し、彼の本を参考に何度も料理にトライしてきました。お会いすることができるなんて感無量です。
昨日まで海外を訪問されていたそうですが、快く僕達との時間を作ってくれました。
口頭ですが、僕達のいくつかのスリランカ料理の写真と調理法を説明した後、すごく熱心にたくさんのアドバイスを貰いました。見せたアーッパ の写真には「ラッサナイ!」(美しい)の嬉しい一言も。

そして、この夜は、マウントラビニアホテルのディナービュッフェを頂きました。

写真:スリランカ料理のビュッフェテーブル。

写真:アーッパを焼くシェフ

マウントラビニアホテルは海外からの宿泊客がほとんどで、特にヨーロッパの人が多いです。そのため、凄い種類のスリランカ料理に加えて、コンチネンタルな料理もたくさん並びます。
後者の方は、見た目と香りだけを楽しんで、食べるのはやっぱりガメー・キャーマ(お国の飯)。

アーッパ&シーニサンボーラ(玉ねぎの甘辛炒め)

まず最初に盛ったライス&カリー。数あるおかずの中から数種。
(その後のオカワリは、手が汚れてるため写真なしです。)

感激の味!!
観光客向けなアレンジが強いと勝手に想像してましたが、油の使い方以外は、がっちりシンハラ味。
特に、(写真にはないですが、)マール・アンブルティヤル(マグロのスパイス煮)がホールの黒こしょうとゴラカがシッカリで大好き。
その他、どの料理も味に特徴を持たせて、お皿の上で役割分担。
しっかり辛く、めちゃめちゃ美味しかったです!!!

海外の人にも正面からスリラン味を楽しんでもらおうという、パブリスさんの思いを感じる内容でした。カッコイイです!

マウントラビニアホテルのディナー。
決して安くはないですが、是非、食べて欲しいです。
特に日曜日の夜がそそりますね↓↓↓

「アペー」=「我々の」、「キャーマ」=「食事」。

あらためまして、たくさんの方々にお世話になっている日々です。
ありがとうございます!

ここからは、南の方に移動する予定です。

写真:コロンボフォートのプーサ(猫)