スリランカの結婚式。その2。

8月26日。2017.
マヒンダの結婚パーティー、ホームカミング編です。

スリランカでは、奥さんの地元で最初の結婚式を行った後、改めて旦那さんの地元でもパーティーを行います。
こちらは、「ホームカミングパーティー」とも言われ、奥さんが嫁入りにやって来たことを祝うパーティーで、最初の式よりもややフランクな雰囲気で行われます。
実際に家で行うことも多いです。
今回はマヒンダの一家が、ティッサ社長の一家と親戚ということもあり、ティッサホテルのレセプションホールでこのパーティーが行われました!

新郎新婦入場新郎新婦の会場入り。後ろに親戚の皆様も続きます。
王様スタイルの前回の衣装とは異なり、赤を基調としたスタイリッシュな感じ。
ラッサナイ!(綺麗!)

SL495会場でお出迎えする女の子達。
右の眩しそうにしているのは、マヒンダ姪っ子セヌリー。昔の記事にも登場していますが、大きく、可愛くなりました。

キャンディアンダンスの一幕。(動画)

 

ケーキ入刀

ケーキ入刀。
左にいらっしゃるのが、マヒンダのお父さんとお母さん。僕のステイ中、我が子のように可愛がってくれました。

ケーキ愛の証の食べさし合い。
スリランカの様々なお祝い時に、この食べさし合いの場面があります。

そして、紅茶&伝統的なお菓子の時間。
SL555b

紅茶とお菓子タイムどれも素朴で甘くて美味しい。紅茶と良く合います。

スリランカのお菓子アースミー、キリバト、ケセル。

そして、一息すれば、
お待ちかねのライス&カリーのビュッフェ。

SL561ご飯は2種。

SL563bお祝い向けのチキンカレーは、フライドバージョン。

SL564

IMG_9329

結婚式でのラインナップはお祝いの定番料理がほとんどです、がやっぱり美味しい!

そして、
お腹が満たされたら、結局Dancing!

dancingみんな陽気で楽しい!!!

ここはマヒンダの地元。僕も仲良い彼の友人達もたくさん集まり、宴は遅くまで続いたはずですが、僕らはその夜、日本へのフライト。
パーティーの終了と同時に空港へ。

アーッパ写真は、空港に行く途中の小さな食堂でつついたアーッパ。
これだけでOK。

今回は9日間と短い滞在日数でしたが、スリランカの結婚式というなかなかの貴重な体験ができました。それがまた親友のマヒンダの。
本当に感動的で楽しかった。

マヒンダ君、アニューシュカさん、本当に結婚おめでとうございます!!
また日本で遊ぼう★

(写真&動画提供:Masaki)

スリランカの結婚式。その1。

今回スリランカへ訪れた最大の目的は、僕がティッサホテルで働いていたときに、ステイさせてもらった家の息子マヒンダの結婚パーティーへの出席です。

スリランカでは、新郎新婦それぞれの地元で、1回づつパーティーを行うことが多いです。

まず8月24日、奥様アヌーシュカさんの地元クルネーガラで行われたパーティーに出席。
srilankanwedding二人ともめちゃめちゃ素敵!

SL246bスリランカの占星術にそって時刻通りに伝統的な儀式が進んで行きます。

SL274この衣装、昔スリランカに栄えたマハヌワラ王国(キャンディ王国)の王様と妃様の衣装だそうです。

 

伝統的なお祝いのお菓子と紅茶を楽しんだ後は、しばしのゆっくりタイム。
SL283華やかなサリーに身を包んだ女性陣。

SL300bBOYSはボム!(飲もう!)。
アラック(ココナッツの蒸留酒)&ライオンストロング。
(※僕は飲めません。)

そして、お待ちかねの昼食タイム。
結婚式ブッフェIMG_9190ライス&カリーのビュッフェ!

ライスアンドカリーワンバトゥ(ナス)、カジュ(カシューナッツ)、マールアンブルティヤル(鮪のゴラカ煮)、カトゥレット(魚入りの丸いコロッケ)、ご飯はエラワルバトゥ(野菜の混ぜご飯)などの定番お祝い料理達。
アッチャール(漬け物)は、シンハラアッチャールではなく、甘辛いマレーアッチャール。もちろんオカワリ。

 

そして、ナタム!(踊ろう!)
SL324

同行の友人マー君&酔っぱらい二ランタマッリのコンビがノリノリ!

シンハラ語スピーチそしてまさかの無茶ぶり友人代表スピーチ in シンハラ語。

目線を感じてスピーチこの目線を受けながらw
たどたどしいシンハラ語のスピーチを、みんなニヤニヤ暖かく見守ってくれました。

式の終盤は

SL484b

お祝いのブラの葉っぱ。
僕よりもマヒンダとの付き合いが長い日本からのゲストも来られてました。古くから、スリランカでのチャリティー活動を行う僕も良く知っている皆様です。

 

伝統的で、楽しくて、美味しくて、結婚式。
めちゃめちゃ感動的でした!!

でも、これで終わりではありません。
この翌々日、マヒンダ君の地元、ガリガムワのバッラパーナのティッサホテルのレセプションホールで、2度目のパーティーが待っています!
そちらの記事は改めて。

(写真提供:Masaki)

ウェディングパーティーの調理。

3月3日。
今回既に訪れたティッサホテルへ再び行って来ました。
この日、ティッサホテルに併設しているウェディングホール「バドゥワッタレスト」で、2つの結婚式が開催されるということで、前日入りでお手伝いに参上です。
予定来場者数。合わせて650人!!!
過去2012年、スリランカ滞在時に200人分(3食)のケータリングを3人でやったことはあるのですが、この数は未知の領域。
過去のケータリングのブログ記事↓↓↓
https://karapincha.jp/blog/?p=1212

 

バドゥワッタレスト。
ティッサホテルウェディング結婚式会場のひとつ。

ゲート入り口。ちょけるスーギリ。若旦那。

仕込みは朝の5時にスタート。
ウェディングパーティ献立本日の献立。二会場分。

もちろん通常の食堂の方も営業しています。ウェディングがある日は、作り手総出で食堂とウェディングとに別れて、調理にあたります。

ウェディング仕込み凄まじい量の料理を、少数精鋭(僕らも含むw)で作って行きます。

茹であがったカジュ茹であがったカジュ(カシューナッツ)。

カジュマールワカジュマールワという伝統的なカレーに仕上がっていきます。その量、左下の僕のサンダル(8インチ)と比べて下さい。たくさんある料理のうちのひとつ。

ピピンニャピピンニャをキュッキュしてます。
(大きいキュウリの苦みを消す作業)

009玉子剥き茹で玉子剥き。

切りながらブレイク野菜を切りながらのウデーキャーマ(朝飯)。パーンとキリテー。

これ、なんの準備か分かりますか?
スリランカの炊飯お米を炊く準備です。
お米がつぶれず奇麗に炊きあがるように、薄いバッドで炊きます。
スリランカ炊飯器この機械で!

お米炊けた一発目炊きあがり!これ三発行きます。

他にも、
ジャガイモ剥く。茹でる。サマンという魚の缶詰他、野菜&スパイスで、カトゥレットカトレット(丸いコロッケ)の中身完成。これの4倍。

カトゥレット衣付け二人掛かりで、高速衣付け。(大量の米を炊いてる厨房はめちゃめちゃ熱い。)

\7カトゥレットでき上がり油で揚げてどんどん完成。

アラバドゥマアラバドゥマの仕上げ中。

出来上がっていく感じどんどん料理が出来上がっていきます。

ククルマス
ククルマス(チキン)

マールアンブルティヤルマールアンブルティヤル(魚、この日は鮪のゴラカ煮)

ワンバトゥワンバトゥ(ナス)
料理の数はまだまだあります。

 

その頃、会場では。
キャンディアンダンサーキャンディアンダンスの踊り手が来た!

スリランカの新婚カップル花嫁花婿もスタンバイ。ゴダーックラッサナイ!(めっちゃ綺麗!)

結婚式スタートし、間もなく。

さあ「バトゥカム!」(「ご飯食べよう!」)

バトゥカムお決まりのビュッフェ形式におめでたい仕様のライス&カリー。凄い種類&量。
他にも果物、お菓子、飲み物など多数用意。

どんどん食べるみんなすごい勢いで食べる食べる。

もう一方の会場もう一方の会場もがんがん食べる食べる。

どんどんなくなるそして、無くなる無くなる。注ぎ足す、注ぎ足す。

追加で作る追っかけて、作る作る。
エラワルバトゥ(野菜の混ぜご飯)。

踊る踊るんでから、踊る踊る。
楽しくハッピーな宴。

 

それにしても、壮絶な一日でした。
この量を日本で作る事はまず無いけど、なんでも経験。

 

ウェディング終了
ウェディング終了楽しかった!
感謝。