書籍「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」お詫びと訂正。

先日、案内いたしました書籍「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」は本日7月10日(2020.)に正式な発売日を迎えました。

Cover_1のコピー
たくさんの方々から反響をいただき、本当にありがたく思っております。

本書につきまして、以下の訂正がございます。

P92 ククルマス・カリヤ
材料内①
(誤)ターメリックパウダー ‥‥ 大さじ1と1/2
(正)ターメリックパウダー ‥‥ 小さじ1と1/2

訂正内容:「大さじ」と誤って表記していたため、「小さじ」に訂正いたします。
ターメリックパウダーの分量が多いと苦味が強くなるので、(正)の表記をご参照ください。

上記のように、私カラピンチャ店主、濱田が担当したレシピでの「大さじ」と「小さじ」の誤植です。
誠に申し訳ございません。

すでにお手元に本書がある皆様は、お手数ですが、訂正いただけますようお願い申し上げます。

上記の内容で、「大さじ」「小さじ」の表記を訂正していただくか、
もしくは、下記の写真のように、「大さじ1と1/2」『1と』の部分を、修正テープ等で消すことで、追記することなく、訂正を反映することもできます。
「小さじ1と1/2」と「大さじ1/2」は同量です。
間違っておきながら、すみません。。。

<訂正前>
ククルマス訂正前のコピー
<訂正後>
ククルマス訂正後のコピーなお、この訂正に関しては、出版元であるLLCインセクツのウェブサイトでも、発表されています。
以下、LLCインセクツの「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」のページのアドレス↓↓↓
https://www.insec2.com/news/4909.html

本当に申し訳ございません。

改めまして、お詫び申しあげると共に、
本書はとても意義あるものに仕上がっていると自負しております。
是非、お手に取っていただければ幸いです。

宜しくお願いします。

濱田祐介
カラピンチャ

ダルバートとネパール料理/本田遼/柴田書店。

遼くんからとても素敵な本が届きました!
ダルバートとネパール料理ダルバートとネパール料理
本田遼
柴田書店
ダルバートとネパール料理2
ご存知、ダルバート食堂スパイス堂のオーナーで、もうすぐ(?)東京で、OLD NEPALをオープン予定の彼。

本田遼

昔からずっとネパール料理の本が日本のシーンに必要だと、度々熱弁していた。
と思ったら自分で作ってしまいました。

いつもポジティブで、時にビッグマウスなんだけど、それを成し遂げる行動力。そして、溢れ出るネパールへの愛と敬意。
そんな刺激的な彼の思いと「ネパールの食」がぎっしり詰まった大作です。

ダルバートとネパール料理3

是非、皆様にも手に取って読んで欲しいです!

6/24から全国書店で一般販売されるようです。

ダルバートとネパール料理5

大阪・谷六「スパイス堂」祝開店!

大阪は谷町六丁目、空掘商店街の少し北側に「スパイス堂」と言う南アジア各国のスパイスや食材を取り扱うお店が本日(2018.6.28)オープンします!

スパイス堂店正面には、各国の文字で、「スパイス店」と記載。
(All photos by スパイス堂)

この「スパイス堂」。そのすぐ近くにあるネパール料理店「ダルバート食堂」の遼くんがオーナーです。

遼くんとは、「ゼロワンカレー」のまるちゃんと一緒に「風だ!(仮)」というチームで、一緒にイベントをやったり、ネパール、南インド、スリランカを旅したりと、国は違えど、遠く離れて外国の料理に取り組む者として、仲良くしています。
ネパールへの熱い思いや、そのアプローチは、いつも刺激を与えてくれます。そして、彼の作るダルバートがめっちゃ美味しい!

彼が前々から思っていたアイデアのひとつを形にしたのが、この「スパイス堂」
ネパールだけでなく、インドやバングラディッシュ、タイ、そしてスリランカ、様々な国のスパイスや食材を個人向けに販売するお店です。

各国ならではのスパイスがたくさん並ぶ魅力的な商品群。
個人がちょうど買いやすい内容量と価格。
そして面白いのが、同じスパイスでも各国産のものを取り揃えているところ。産地で香りや風味が異なるからです。
ここまで掘り下げたスパイス店っていうのは、なかなかないのでは。

嬉しいことに、この「スパイス堂」に並ぶスリランカ産のスパイスは、僕達「カラピンチャ」が輸入及び製造しているものを採用していただきました。感謝★

IMG_1936

スリランカ産スパイスコーナー。スパイスの説明書きもしっかり。

今までは、神戸の店舗と、オンラインショップ「スパイスカラピンチャ」での販売。それと、一部関東エリアの小売店様数店で数品番を販売していいただいていましたが、この度、「スパイス堂」でほぼ全種類に近いラインナップを販売開始します。

簡単にスリランカカレーが作れる「スリランカ スパイスセット」も揃っています。
実際に手にとって、また他国のものと比べて、楽しんでいただけると思います。
是非ご利用ください!

魅力的な店内の写真を少し、
IMG_1931インド産スパイスコーナー

IMG_1930さすがの豆ラインナップ!

スパイス堂店内入ってすぐのエリア。

なんと、この奥のエリアには「スパイス堂」で取り扱うスパイスを使ったカレーや料理を楽しめるレストランも出来る予定とのこと。
僕がスリランカ産の各スパイスを焙煎して作ったトゥナパハ(カレーパウダー)「Kalu.(カルゥ)」を使って、遼くんが独自の解釈で作ったカレーなんかが出てきたりしたら、めっちゃ面白そう!

これからも目が離せません。

 

「スパイス堂」の詳細 (2018.6.28現在)
住所:大阪市中央区谷町6丁目13-6
営業時間:11:30 – 20:00
定休日:火曜日+不定休
電話:06-7508-1695(近日開通予定)

SNS:
twitter→ https://twitter.com/osaka_spice_do
Instagram→ https://www.instagram.com/spice_do/
FB page→ https://www.facebook.com/spicedou/