書籍「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」お詫びと訂正。

先日、案内いたしました書籍「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」は本日7月10日(2020.)に正式な発売日を迎えました。

Cover_1のコピー
たくさんの方々から反響をいただき、本当にありがたく思っております。

本書につきまして、以下の訂正がございます。

P92 ククルマス・カリヤ
材料内①
(誤)ターメリックパウダー ‥‥ 大さじ1と1/2
(正)ターメリックパウダー ‥‥ 小さじ1と1/2

訂正内容:「大さじ」と誤って表記していたため、「小さじ」に訂正いたします。
ターメリックパウダーの分量が多いと苦味が強くなるので、(正)の表記をご参照ください。

上記のように、私カラピンチャ店主、濱田が担当したレシピでの「大さじ」と「小さじ」の誤植です。
誠に申し訳ございません。

すでにお手元に本書がある皆様は、お手数ですが、訂正いただけますようお願い申し上げます。

上記の内容で、「大さじ」「小さじ」の表記を訂正していただくか、
もしくは、下記の写真のように、「大さじ1と1/2」『1と』の部分を、修正テープ等で消すことで、追記することなく、訂正を反映することもできます。
「小さじ1と1/2」と「大さじ1/2」は同量です。
間違っておきながら、すみません。。。

<訂正前>
ククルマス訂正前のコピー
<訂正後>
ククルマス訂正後のコピーなお、この訂正に関しては、出版元であるLLCインセクツのウェブサイトでも、発表されています。
以下、LLCインセクツの「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」のページのアドレス↓↓↓
https://www.insec2.com/news/4909.html

本当に申し訳ございません。

改めまして、お詫び申しあげると共に、
本書はとても意義あるものに仕上がっていると自負しております。
是非、お手に取っていただければ幸いです。

宜しくお願いします。

濱田祐介
カラピンチャ

料理書「ミールス、ダルバート、ライス&カリー」出版。

この度、
京都のインド料理店「タルカ」、大阪のネパール料理店「ダルバート食堂」、神戸のスリランカ料理店「カラピンチャ」の3店舗が執筆した料理書が出版されます。

Cover_1のコピー

タイトル:ミールス、ダルバート、ライス&カリー/3つの地域の美味しいカレー
著者:小此木大(タルカ)、本田遼(ダルバート食堂)、濱田祐介(カラピンチャ)

出版社:LLCインセクツ


【追記/重要/訂正とお詫び】

本書につきまして、以下の訂正がございます。
P92 ククルマス・カリヤ
材料内①
(誤)ターメリックパウダー ‥‥ 大さじ1と1/2
(正)ターメリックパウダー ‥‥ 小さじ1と1/2
訂正内容:「大さじ」と誤って表記していたため、「小さじ」に訂正いたします。
ターメリックパウダーの分量が多いと苦味が強くなるので、(正)の表記をご参照ください。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

【追記ここまで】

南インドの「ミールス」
ネパールの「ダルバート」
スリランカの「ライス&カリー」
シーンに合わせた組み合わせを提示して、その個々の料理のレシピを紹介しています。ドーサ(南インド)、モモ(ネパール)、インディアーッパ (スリランカ)他、軽食のレシピも複数掲載。

また、
「食べ方のヒント」「スパイス、食材、調理器具の紹介」、「現地レストランガイド」「3店主のよる放談」など、
レシピのみならず、3つの地域の食文化へのガイダンスにもなっています。

3人手食のコピー

7月10日が、正式な一般販売日。
ご関心ある方は、全国書店でお求めいただければ嬉しいです

当店「カラピンチャ」では、
一般販売に先駆け、
6/27(土)より、先行販売を開始します
オンラインストア「スパイスカラピンチャ」でも同時発売します。

スパイスカラピンチャ
また当店は営業時間(11:00-15:00)も短く、利用しづらい方も多いと思います。

そこで、
すごくご近所の
「ワールドエンズガーデン」さんでも、6/27(土)より販売していただけます。
(注:火曜定休)

どうぞ宜しくお願いします!!

 

濱田祐介
カラピンチャ

ダルバートとネパール料理/本田遼/柴田書店。

遼くんからとても素敵な本が届きました!
ダルバートとネパール料理ダルバートとネパール料理
本田遼
柴田書店
ダルバートとネパール料理2
ご存知、ダルバート食堂スパイス堂のオーナーで、もうすぐ(?)東京で、OLD NEPALをオープン予定の彼。

本田遼

昔からずっとネパール料理の本が日本のシーンに必要だと、度々熱弁していた。
と思ったら自分で作ってしまいました。

いつもポジティブで、時にビッグマウスなんだけど、それを成し遂げる行動力。そして、溢れ出るネパールへの愛と敬意。
そんな刺激的な彼の思いと「ネパールの食」がぎっしり詰まった大作です。

ダルバートとネパール料理3

是非、皆様にも手に取って読んで欲しいです!

6/24から全国書店で一般販売されるようです。

ダルバートとネパール料理5