Renuka(レーヌカ)社製 ココナッツミルクパウダー(1kg/スリランカ産)発売。

coconutmilkpowder1kgスリランカにおいて、主にココナッツ製品を取り扱う食品メーカー「Renuka Foods(レーヌカ フーズ」
「ココナッツミルクパウダー(1kg/スリランカ産)」の販売を開始します。

様々なスリランカ料理を作る上で欠かすことのできないココナッツミルク。
スリランカでは、ココナッツの実を細かく削り、水を含ませて、絞り取る方法でココナッツミルクを作りますが、新鮮なココナッツの実の入手が難しい日本国内では、ココナッツミルクパウダー、もしくはココナッツミルクの缶詰などを利用することが一般的です。

coconutmilkpowder1kg_03湯に溶けやすく、生の実から作ったココナッツミルクの風味に近いものに仕上がります。

ただし、パウダーにせよ、缶にせよ、原産地やメーカー毎で風味の違いがあり、スリランカ料理を作る上では、スリランカ産のものが望ましいと僕たちは考えています。
当方の飲食店「カラピンチャ」(神戸・王子公園)においても、今回紹介するココナッツミルクパウダーを使用しています。

 

ココナッツミルクパウダーが便利な点は、

◎必要な量だけを使用できる点
◎料理や手順に合わせて、濃度を調整できる点
この2つです。

料理に必要なココナッツミルクの量に合わせて、パウダーと湯を合わせて作ることで、その時に必要な量だけを消費することができます。
また、
生のココナッツの実から作るミルクは、一番搾りと二番絞り(場合によっては三番絞り)を使い分けます。煮込み料理(ココナッツミルク系のカレー等)の場合は、早い段階で薄めの二番絞りを使って煮込み、仕上げに濃い一番搾りを加えて、さっと煮込んで仕上げるというのがセオリーです。
これをパウダーに置き換える場合、湯の分量に対してパウダーの割合を抑えたココナッツミルクを二番絞りに見立てて、パウダー割合を高めたものを一番絞りに見立てて調理することができます。
他にも作りたい料理やその仕上がりに合わせて濃度を調整できます。

 
スリランカ料理好きの皆様にとって、一番馴染みのあるココナッツミルクパウダーは、「Maggi/マギー」ブランド(Nesstle社)のものだと思います。
日本に正規法人もあり、流通量も多く安定しています。もちろんスリランカにおいても、ほとんどのスーパーで取り扱われているメジャーな製品です。
僕たちもこの製品を信頼しており、使用感に不満はありません。

しかしながら、この「Maggi/マギー」のココナッツミルクパウダーに負けず、同様にスリランカ全土で愛されているココナッツミルクパウダーが、こちらの「Renuka Real Coconut Milk Powder」です。

せっかくカラピンチャが取り扱うなら、既に国内で安定供給されている「Maggi/マギー」ではなく、この「Renuka/レーヌカ」のものを扱うことで、スリランカ本国同様に、お客様に選択肢を提示できると考えました。

実際に、「Maggi/マギー」のものと「Renuka/レーヌカ」のものとでは、風味も異なります。
両メーカーの詳しい製法を把握している訳ではないですが、仕上がる料理に若干の風味の違いが生まれます。
これは、どちらが優れているということではなく、あくまで好みの違いで、この違いがスリランカ本国においても、ユーザーが別れるポイントだと推測します。

coconutmilkpowder1kg_02_pac

1kgと大容量ですが、開封後もしっかり封を閉じる、密閉性の高い容器に移し替えて保存するといった方法で、比較的長く利用することが可能です。

 

スリランカの味。
Renuka ココナッツミルクパウダー(1kg)

まずは、カラピンチャ店舗(神戸・王子公園)とオンラインストア「スパイスカラピンチャ」で販売開始です。
スパイスカラピンチャ

是非、ご利用ください。

 

マンゴーとパパイヤのドライフルーツも発売。

前記事にて、
スリランカ産の乾燥ジャックフルーツを紹介しました。
これと同時に、以下の2種も販売となっております。

driedfruits_Mangodriedfruits_Mango_02「乾燥マンゴー」(ドライマンゴー)

と、
driedfruits_Papayadriedfruits_Papaya_02「乾燥パパイヤ」(ドライパパイヤ)
です。
シンハラ語で
マンゴーは「アンバ/අඹ」
パパイヤは「ガスラブ/ගස්ලබු 」
どちらも、熟す前はカレーや様々な料理に。
そして、熟せばフルーツとして、そのまま。

その熟したそれぞれの実をカットして、乾燥させた製品です。
ドライフルーツですが、程よくしっとり仕上がっています。
いずれも、しっかりした味わい、香り、そして歯応えのある食感!
是非、お試しください。

「乾燥ジャックフルーツ」も合わせて計3点のドライフルーツのラインナップ。
driedfruits_threeカラピンチャ店舗及びオンラインストア「スパイスカラピンチャ」で販売中です。
スパイスカラピンチャ
どうぞ宜しくお願いします!

ココナッツトゥリークル(シロップ)発売。

coconuttreacleCoconut Treacle
ココナッツ トゥリークル(ココナッツシロップ)
පොල් පැණි ポルパニ
を発売します。
スリランカの大手食品メーカーRUHUNU FOODSの製品です。

ココナッツの木になる花から採れる液を、煮詰めて製造したシロップです。
砂糖や保存料の添加物は一切不使用、100%こっこナッツです。

 

coconuttreacle_02
まったりとしつつも自然な甘味とほのかな苦味を合わせ持ちます。

スリランカでは、水牛のヨーグルト「මී කිරි ミーキリ」にたっぷりとかけて食べるのが最もポピュラーな楽しみ方。
その他、お菓子作りの材料としても活躍します。

キトゥル කිතුල්(孔雀椰子)の蜜「කිතුල් පැණි キトゥル パニ」とは異なります。
ピュアなキトゥル パニは、賞味期限が短く輸入販売が困難なため、こちらのポル パニを輸入することにしたのですが、これがなかなかのグッドフレーバーです!

まずは、カラピンチャ王子公園店舗とオンラインストア「スパイスカラピンチャにて販売開始です。
スパイスカラピンチャ

是非ご利用ください。

宜しくお願いします!

 

 

ポル・カトゥ・ハンダ(ココナッツのお玉)再販開始。

ポル・カトゥ・ハンダ
පොල් කටු හැන්ද
ココナッツの殻のお玉
3タイプになって再販開始

ポルカトゥハンダ比較B_s

完売品切れとなっていましたポル・カトゥ・ハンダですが、スリランカにて大量に仕入れて参りました。
今回は深型のもの、小型のものも含む3タイプの展開です。

オンラインストア「スパイスカラピンチャ」にて再販開始します。
以下各商品ページのリンクです。

ポル・カトゥ・ハンダ(ココナッツの殻のお玉)①

ポル・カトゥ・ハンダ(ココナッツの殻のお玉)②(深型)

ポル・カトゥ・ハンダ(ココナッツの殻のお玉)②(小型)
ポルカトゥハンダ比較A_s

殻の形状を生かしてハンドメイドなので、ひとつひとつを選べるようにしています。

なお、前回当ブログでポル・カトゥ・ハンダについて書いた記事を以下ロンクからご確認いただけます。

とても使いやすいです。ぜひご利用ください!

コリアンダーシード(スリランカ産)販売開始。


スリランカ産の「コリアンダーシード」の販売を開始します。
コリアンダーシード「コリアンダー」は、セリ科の一年草。
シンハラ語では「コッタマッリ」。
ちなみに、タイ語では「パクチー」、その葉の部分も各国料理で活躍しています。

種の部分を乾燥させたこのコリアンダーシード。
スリランカ産コリアンダー
すっきり爽やかな香りを持つカレーに欠かせないスパイスのひとつです。
カレーを作るときにはパウダー状にするのが一般的。
ミルなどを使用することで粉末にすることができます。
挽きたての爽やかな香りはとても良いです。

またスリランカのカレーパウダー「トゥナパハ」の主成分でもあります。
焙煎したトゥナパハ「ローストカレーパウダー(バダプ・トゥナパハ)」を作る時は、材料となる各スパイスをホール状のままそれぞれを乾煎りし、それらを合わせて粉砕します。

<コリアンダーシードの種類>
日本国内で流通しているコリアンダーはインド産のインディアン種のものが多く、形はやや楕円形をしています。スリランカのものはモロッカン種で球状です。
コリアンダー比較いずれも柑橘系の爽やかな香りを持ちますが、優劣ではなくその香りが少し異なります。
スリランカのカレーパウダー「トゥナパハ」作りには、このモロッカン種のスリランカ産コリアンダーをお勧めします。

<参考>
ローストカレーパウダー作りに関しては、当店が製造するダークローストカレーパウダー「Kalu.(カルゥ)」に関する記事が参考になると思います。以下アドレスにリンク。
http://karapincha.jp/blog/?p=5608

是非、カレー作りに、またトゥナパハ作りにご活用ください!

カラピンチャ店舗及び、通販サイト「スパイスカラピンチャ」にて販売スタートします

スパイスカラピンチャバナー

宜しくお願いします。