スリランカ スパイスセット 登場。

スリランカのカレー(及び料理)を調理するために必要なちょうどの量のスパイスがひとまとめになったスパイスセットができました!

「スリランカ スパイスセット」 “Sri Lankan Spice Set”
スリランカスパイスセット

<スリランカ スパイスセット商品ページ>
・チキンカレー用スパイスセット

・ポークカレー(汁気の少ないタイプ)用スパイスセット
・レンズ豆のカレー用スパイスセット
・ポルサンボーラ(ココナッツのふりかけ)用スパイスセット

カラピンチャでは、スリランカのスパイスを輸入し、販売をしています。おかげさまでたくさんの方々に利用していただいています。本当にありがとうございます。

しかしながら、
新たにスリランカのカレーや料理作りに興味を持っていただいた方々にとって、スパイスを揃えてのカレー作りは、まだまだハードルが高いことも実感しています。

「作り方がわからない」
「スパイスを揃えるのは大変」
「スパイスを使い切れず、余してしまう」….etc….

もっと身近に、もっと手軽に、スリランカのカレー作りを楽しめるように。
4人分の料理に必要なちょうどの量のスパイスが、ひとまとめになったスパイスセットを作りました。
スパイスセットチキン(写真:チキンカレー用スパイスセットの中身)
スパイスは手順別に小分けされて、作り方を丁寧に解説するレシピ冊子も入っています。(鶏肉や玉ねぎなどの具材は別途用意する必要があります。)

スパイスセットを使って出来上がった料理のイメージはこんな感じ。
スパイスセット完成イメージ写真:チキンカレー(左上)、ブラックポークカレー(右上)、レンズ豆のカレー(左下)、ポルサンボーラ(右下)。

それぞれ特徴的な味わいで美味しい!

さらに、
よりスリランカ的な食べ方のおすすめは、
スリランカスパイスセット盛り付け合わせての盛り付け。
写真は、「チキンカレー」、「レンズ豆のカレー」、「ポルサンボーラ」、さらに別商品の「パパダン」を盛り付け。
混ぜながら食べれば、よりスリランカな味わいに!

今までスリランカカレー作りに一歩踏み出せずにいた方々に、是非トライしてほしいです。

また、すでにエスニック料理やカレー作りを楽しんでいる方々にとっても、便利なアイテムになるはずです。
例えば、
「友人宅での料理会」
「旅行先での調理」
「キャンプでのアウトドア調理」など
いつものキッチンを離れての調理の際に、たくさんのスパイスを持っていかなくても、「スリランカ スパイスセット」があれば大丈夫。

 

中身のスパイスは全てスリランカ産(豆のみインド産)。主にはスリランカの大手スパイスメーカー”RUHUNU FOODS”の高品質なものを使用しています。

レシピに関しましても、なるべくシンプルにまとめていますが、カラピンチャ店主が2004年よりスリランカへ通い続け、たくさんの家庭や食堂で教わった作り方をベースに作成した、現地のスタイルを重視した内容です。

「スリランカ スパイスセット」は、カラピンチャの店頭及び、通販サイト「スパイスカラピンチャ」で販売を開始します。
スパイスカラピンチャ
多くの方々に「身近に、手軽に」
スリランカ料理の「楽しさ、美味しさ」を実感してほしいです!

どうぞよろしくお願いします★

大分県臼杵市。学校給食でスリランカカレー。

紹介したいニュースがありまして、ここに書かせていただきます。
大分県臼杵市とスリランカのキャンディ市は姉妹都市となって50周年。それを記念して、10月6日に、スリランカのことを学ぶ授業が行われました。
さらに、その日は臼杵市内全ての公立小中学校、幼稚園でスリランカカレーの給食が提供されました。
 
%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%863

そのことが紹介された新聞記事。

そのカレーの作り方を教えたのは、兵庫県宝塚市のスリランカ料理店「シャンティランカ」のニシャンティさん。臼杵市給食センターの山本さんが九州や関西で数店のスリランカレーを食べて、子供でも美味しく食べることができるカレーに最適だと、ニシャンティさんにお願いされたそうです。

そして、そのニシャンティさんの紹介で、その日の給食約3,000食分のカレーを作るためのスパイスを「スパイス・カラピンチャ」で用意させていただきました!
スリランカのカレー粉「トゥナパハ」やスリランカの鰹節「ウンバラカダ(モルディブフィッシュ)」、ココナッツミルクパウダーなどスリランカ料理に欠かせないアイテムです。
※スパイスカラピンチャの取扱品目は以下、バナーから見ていただけます。
日本の子供達が、学校でスリランカのことを学んで、スリランカのカレーを食べるなんて、めちゃめちゃ素敵ですね!
微力ですが、その一端に担うことができて光栄です。
そもそも自分が質のいいスパイスを安定的に使いたいと始めたスパイスの輸入。そして、多くの人にスリランカ料理に親しんで欲しいと始めたスパイスの販売。それがこのように活用されるのは本当に嬉しいです!
その時の授業の様子、スリランカカレーについての解説、給食を作っている様子など、直接、山本さんがカラピンチャまで持って来てくれた資料を掲載しています。是非、ご覧ください!

%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%861

スリランカカレーについて分かりやすく、解説された資料。


%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%862

給食の写真と作っている様子。美味しそう!そんですごい量!!!

 

スリランカについての授業

授業の様子。この授業、僕も受けたいw。

 

山本さん、ニシャンティさん、関係の皆様、そして園児、生徒の皆様、ありがとうございます!!

 

初めてのスリランカカレー・レシピ動画

「スリランカスパイス・カラピンチャ」のサイトに、いくつかの簡単なスリランカカレーの作り方動画をアップしました。
まだまだ馴染み薄いスリランカのスパイスですが、ご興味ある方は参考にしていただけると嬉しいです!

スリランカスパイス・カラピンチャ
スリランカカレー動画イメージ

宜しくお願いします★

コロンボにて。

今。コロンボにいます。
スリランカでダントツに大きい街。行く度に、高層ビルが増えて、道も新たに、人々の服装も変化し、発展し続ける大都市。

いつもはコロンボに滞在することは少ないのですが、今回は少しの間ここで、色々な場所や人を訪ねました。

まずは、
世界的に有名なスリランカの建築家、ジェフリー・バワ(1919-2003)の元邸宅『ナンバー・イレブン」を見学。




※撮影許可エリアのみの写真。
スリランカ全土、大小様々なバワの建築がありますが、ここは、彼の生活が等身大で反映された、かっこ良く、そして居心地のいい空間でした。
アクセスも容易で、コロンボを観光される方にはオススメです。

 

また
日本のスリランカの友人を介して、知り合えた、とあるHOTEL&RESTAURANTで菜食料理を教わりました。


ラトゥキャクルハール(赤米)のインディアーッパ。きちんとお米から粉を作って作ります。
左のアラホディ(じゃがいもの汁カレー)。クルドゥ(セイロンシナモン)がバチッと効いててニアマイ!

トーセ。
タミルの人々の料理。南インドでのドーサという名称のほうが日本ではポピュラーですね。パリパリではなく、フワっと柔らかいのがスリランカの「トーセ」。
シンハラの人も良く作り、良く食べます。
手前の緑のは、カラピンチャサンボーラ。上のパリップと一緒に、トーセを千切って千切ってぐちゃぐちゃに混ぜて、旨いです!

ムンアタキリバット。再び!!
アマヤさんのお家の比べると、ムング豆の割合が多く、右のルヌミリスはあんまり潰さないのが特徴的。
いずれの料理も過去に教わったことのあるものですが、作り手違えば、調理法も様々。どれだけ教わっても面白いです。。。

 

外食の部。

ムスリルの料理ですが。

チキン・ブリヤーニ。
シンハラの人もタミルの人もみんな好きです。

インドやパキスタンのビリヤニに関して詳しくないですが、きっとスリランカ的なビリヤニ。ブリヤーニです。これ。
お米はキーリサンバ。左下のチリペースト(揚げた小エビ&玉ねぎの甘辛炒め)がええ仕事します!

 

それから、
お寺にも訪問。

こちらのお寺のハームドゥルオ(お坊さん)は、毎年、日本に来て、ウェサック祭りをしてくれるダンミカ・ハームドゥルオです。
再会できて嬉しいです!
(ハームドゥルオとの一緒に写真を取り忘れ。。。また日本で。)
お寺の敷地内には、幼稚園もあり、めちゃくちゃ元気な子供達に配膳、配膳。


僕らも食事を頂きました!

ごちそうさまでした!!

 

そして、その後。
ダンミカ・ハームドゥルオの紹介で、大リスペクトな方とお会いできました!

ジャーン!

Chef. Publis Silva。
世界的に最も著名なスリランカ料理のシェフ「パブリス・シルワ」さん!!

200年 以上の歴史を持つスリランカのリゾートホテル「マウントラビニアホテル」

こちらで長年料理長を勤めながら、世界各国へスリランカ料理を広める活動もされています。現在79歳。いまでもバリバリ現役料理人!
スリランカ料理を志し、彼の本を参考に何度も料理にトライしてきました。お会いすることができるなんて感無量です。
昨日まで海外を訪問されていたそうですが、快く僕達との時間を作ってくれました。
口頭ですが、僕達のいくつかのスリランカ料理の写真と調理法を説明した後、すごく熱心にたくさんのアドバイスを貰いました。見せたアーッパ の写真には「ラッサナイ!」(美しい)の嬉しい一言も。

そして、この夜は、マウントラビニアホテルのディナービュッフェを頂きました。

写真:スリランカ料理のビュッフェテーブル。

写真:アーッパを焼くシェフ

マウントラビニアホテルは海外からの宿泊客がほとんどで、特にヨーロッパの人が多いです。そのため、凄い種類のスリランカ料理に加えて、コンチネンタルな料理もたくさん並びます。
後者の方は、見た目と香りだけを楽しんで、食べるのはやっぱりガメー・キャーマ(お国の飯)。

アーッパ&シーニサンボーラ(玉ねぎの甘辛炒め)

まず最初に盛ったライス&カリー。数あるおかずの中から数種。
(その後のオカワリは、手が汚れてるため写真なしです。)

感激の味!!
観光客向けなアレンジが強いと勝手に想像してましたが、油の使い方以外は、がっちりシンハラ味。
特に、(写真にはないですが、)マール・アンブルティヤル(マグロのスパイス煮)がホールの黒こしょうとゴラカがシッカリで大好き。
その他、どの料理も味に特徴を持たせて、お皿の上で役割分担。
しっかり辛く、めちゃめちゃ美味しかったです!!!

海外の人にも正面からスリラン味を楽しんでもらおうという、パブリスさんの思いを感じる内容でした。カッコイイです!

マウントラビニアホテルのディナー。
決して安くはないですが、是非、食べて欲しいです。
特に日曜日の夜がそそりますね↓↓↓

「アペー」=「我々の」、「キャーマ」=「食事」。

あらためまして、たくさんの方々にお世話になっている日々です。
ありがとうございます!

ここからは、南の方に移動する予定です。

写真:コロンボフォートのプーサ(猫)

来た!スリランカ。2013。

やったー!
1年半ぶり、6度目のスリランカ。
今回は、夫婦で。

初日は空港近くのネゴンボで一泊してから、 僕が働いていたティッサ食堂がある街、キャッガッラのバッラパーナへ。
今回も友人のマヒンダ宅にお世話になります。

 

以下色んな写真たち
↓↓↓

ネゴンボでの朝食は、ヌードルス。


いつも落ち着くマヒンダ宅の裏庭。



元気&かわいい。子供達。



久しぶり。ティッサ食堂の厨房。


アーッパ!


ワンバトゥサンボーラ作り。


ティッサ食堂、本日のライス&カリー。



象達@ピンナワラ


アンマーと台所。


朝飯はやっぱり。インディアーッパが最高!
ポルサンボーラ(ココナッツのふりかけ)とパリップ(レンズ豆のカレー)で。



大好物のポロスのカレー。


ポヤ(満月)の夜は、みんなお寺に。


今回は2週間のスリランカ滞在。
いったことのない街にもいくつもりです。
いっぱい食べて、いっぱい学んできます!

続く。