カラピンチャ(カレーリーフ)の苗販売/第2弾。。

カラピンチャ苗2nd
【追記】おかげさまで完売しました。ありがとうございました。

スリランカ料理に頻繁に使われるハーブであるカラピンチャ。英語ではカレーリーフ。
そのカラピンチャの苗を数量限定ですが、販売します。
一株500円/お一人様一株まで/4月に購入された方はご遠慮下さい。)
とても小さい苗なので、当面は、観賞用としてお楽しみ下さい。もちろん成長すれば、葉を調理に使うことができます。
店頭のみの販売で、通販サイトでの扱いはありません。
無くなり次第、販売終了となります。
 ・
【取り置きを希望される場合】
5月14日(日)までにカラピンチャ店舗まで取りに来ていただくことを条件に、電話(078-805-3039)で受付けます。
休業日は以下アドレスのカレンダーでご確認下さい。
http://karapincha.jp/blog/?p=4612
 ・
カラピンチャ育成楽しいですよ!
よろしくお願いします★

カラピンチャ(カレーリーフ)の苗販売/限定数/店頭のみ。

★追記★
完売となりました。ありがとうございます。
第2弾の販売は5月中の予定です。改めて発表します。現時点での予約は受けることができません。了承下さい。

スリランカ料理に頻繁に使われるハーブであるカラピンチャ。英語ではカレーリーフ。
そのカラピンチャの苗を数量限定ですが、販売します。(一株500円/お一人様一株まで)

karapinchaseedling

とても小さい苗なので、当面は、観賞用としてお楽しみ下さい。もちろん成長すれば、葉を調理に使うことができます。

店頭のみの販売で、通販サイトでの扱いはありません。
今回の分は無くなり次第販売終了となりますが、来月中に第2弾も用意できそうです。

カラピンチャ育成楽しいですよ!

よろしくお願いします★

カラピンチャいっぱい。

ウワーッ!
たくさんのフレッシュカラピンチャが東京から届きました。
すごくいい匂い!

送り主は、インド料理研究家でスリランカ料理にも造詣が深い香取薫先生。
先生の料理教室キッチンスタジオペイズリーにでっかいカラピンチャ(カレーリーフ)の木がやってきたそうです。
その様子(香取先生のブログ)↓
http://blog.livedoor.jp/curryspice/archives/52297538.html
すごく立派なカラピンチャの木。まるでスリランカのみたい。

この時剪定されたカラピンチャ達が先生のお知り合いのもとに届けられたようです。
そして光栄にも僕のところにも送っていただきました。
スリランカ料理に欠かせないハーヴ、カラピンチャ。
ありがとございます!大切に&ふんだんに使います。

それにしてもすごい量 。。。
新鮮なうちに使いきれるかなぁ。

そうだ!!
来週の日曜日&月曜日の「水道筋カラピンチャ」では、
スリランカ南端の街マータラで教えてもらった「カラピンチャサンボーラ」を作ろー!

カラピンチャサンボーラ

オプションとして用意する予定です。
少し癖のある味ですが、「本日のカレープレート」に加える薬味として混ぜ混ぜして食べるとナカナカイケマスよ。
お楽しみに★

カラピンチャー!どこ行くねん?

未来のスリランカカレー店の名前「カラピンチャ」。響きも良くってお気に入り。
カラピンチャとはスリランカ料理に欠かせないスパイスで、食欲をそそる凄くいい香りを放つ葉っぱ(英名:カレーリーフ)。

ここスリランカでは、フレッシュ(生)の状態でいろんな料理に使用します。
例えばね。
キリホディ製作中(家)
ロールスの具材製作中(家)

キャキリのカレー製作中(食堂)
ククルマス(チキン)のカレー製作中(食堂)

アンブルティヤル製作中(食堂)
いずれもカラピンチャがGood Job!
「スーワンダイ!」=「いい香り!」な料理に仕上がっていきます!
ちなみに今日のまかないで食べたのはこんな感じ↓↓↓
カラピンチャの葉っぱがしっかり。

写真のように僕が働くティッサ食堂でも、ほとんどの料理でふんだんにカラピンチャを使います!
↑↑↑この量のカラピンチャが二日でなくなります!

そんなカラピンチャの木はスリランカでは至る所に生えています。
調理場でカラピンチャが足らなくなったら、近所のカラピンチャの木に社長のティッサさんが、自ら登って収穫。

またキッチンの裏にもかわいいカラピンチャ達。


ハードワークで滅入りそうになっても、サンサンと太陽を浴びて一生懸命育つこの子達にいつも励まされます。

それから&ちなみに
僕が暮らすキャーガッラのバッラパーナの街を歩いていると、
「カラピンチャー!コヘダヤンネ?」(カラピンチャー!どこ行くねん?)
と色んな人が声をかけてくれます。
すっかり僕のニックネームになってしまいました。
うれしい。

西表島で元気に育ちますように。

沖縄本島からさらに南下。マングローブ広がるジャングルアイランド西表。
ここには僕らの親戚が営む旅館「南風荘(なんぷうそう)」が。この島を訪れた目的は、未来のスリランカ料理店「カラピンチャ」への思いを込めたカラピンチャの樹を植えるため。この0歳のカラピンチャの苗は、東京・大森のメチャウマ南インド料理店「ケララの風Ⅱ」さんから頂いた宝物。
東京→大阪→沖縄本島→西表島と、ともに旅を続けてきました。さぁ、カラピンチャが大好きな、てぃだかんかん(太陽サンサン)の南の島・西表。遠く離れても、未来のお店「カラピンチャ」とともに成長して行こう!!

なんぷうのおじちゃん、可愛がってあげて下さい。
また会いに来ます!
感謝。