コリアンダーシード(スリランカ産)販売開始。


スリランカ産の「コリアンダーシード」の販売を開始します。
コリアンダーシード「コリアンダー」は、セリ科の一年草。
シンハラ語では「コッタマッリ」。
ちなみに、タイ語では「パクチー」、その葉の部分も各国料理で活躍しています。

種の部分を乾燥させたこのコリアンダーシード。
スリランカ産コリアンダー
すっきり爽やかな香りを持つカレーに欠かせないスパイスのひとつです。
カレーを作るときにはパウダー状にするのが一般的。
ミルなどを使用することで粉末にすることができます。
挽きたての爽やかな香りはとても良いです。

またスリランカのカレーパウダー「トゥナパハ」の主成分でもあります。
焙煎したトゥナパハ「ローストカレーパウダー(バダプ・トゥナパハ)」を作る時は、材料となる各スパイスをホール状のままそれぞれを乾煎りし、それらを合わせて粉砕します。

<コリアンダーシードの種類>
日本国内で流通しているコリアンダーはインド産のインディアン種のものが多く、形はやや楕円形をしています。スリランカのものはモロッカン種で球状です。
コリアンダー比較いずれも柑橘系の爽やかな香りを持ちますが、優劣ではなくその香りが少し異なります。
スリランカのカレーパウダー「トゥナパハ」作りには、このモロッカン種のスリランカ産コリアンダーをお勧めします。

<参考>
ローストカレーパウダー作りに関しては、当店が製造するダークローストカレーパウダー「Kalu.(カルゥ)」に関する記事が参考になると思います。以下アドレスにリンク。
http://karapincha.jp/blog/?p=5608

是非、カレー作りに、またトゥナパハ作りにご活用ください!

カラピンチャ店舗及び、通販サイト「スパイスカラピンチャ」にて販売スタートします

スパイスカラピンチャバナー

宜しくお願いします。

11月カレンダー。2018.

11月の営業カレンダーです。

KJC201811J
4(日)は、岡山のアートスペース油亀さんで開催中の「カレーのためのうつわ展」にて、ライス&カリーを提供させていただきます。この日が、このイベントの最終日となります。
準備も含めて3(土)、4(日)と休業させていただきます。
また15(木)休業させていただきます。
ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

11月も宜しくお願いします★

スパイス紹介:フェヌグリーク(ウルハール)

【スパイス紹介】

フェヌグリーク シード

フェヌグリーク

英記:Fenugreek Seeds
シンハラ語:උළු හාල් ウルハール
和名:葫蘆巴(ころは)

加熱されることで、メイプルシロップのような甘い香りを放ちます。
カレーを作るときには、ホール状のままスターターとして良く用いられます。
当店でもカレー作りの一番はじめに、油でフェヌグリークシードマスタードシード(アバ)を一緒に油で炒めて、香りを放ち出したタイミングで、タマネギやニンニクなどを加えていきます。
ただフェヌグリークシードマスタードシードでは、香り放つ温度に差があるので、事前にフェヌグリークシードを乾煎りして保存しています。
またこうすることで、フェヌグリークが持つ強い苦味もやや抑えることができます。
スリランカで学んだ良くある手法で、カレーリーフ(カラピンチャ)と一緒にローストすることで、かすかな爽やかさもプラス。
必須な手法ではありません。あくまでひとつのテクニックです。
もちろんカレーリーフがなくても大丈夫。

その乾煎りのシーンを撮影してみました。(一部)

店舗用で量が多くてすいません。中火くらいで焦がさないようにパンを振りながら焙煎。

焙煎したフェヌグリーク
乾煎り後は、熱を十分に冷まして密閉性の高い容器で保存して、都度必要量を使用します。

焙煎したフェヌグリーク容器保存

(容器は、お気に入りの「チャーミークリアー」。)

カレー作り、スリランカ料理に関心がある皆様の参考になれば幸いです。

スリランカ産のフェヌグリークは、カラピンチャ店舗やオンラインストアでも購入可能。

【製品ページ】
https://spice-karapincha.jp/?pid=101424613

【スパイスカラピンチャトップページ】
https://spice-karapincha.jp

よろしくお願いします★

カレーのためのうつわ展/2018/アートスペース油亀/岡山

curry_aburakame2018

カレーのためのうつわ展
岡山の「アートスペース油亀」さんで今年も開催されます!
10月6日(土)から11月4日(日)

ご存知の方も多いと思いますが、
2011年から続くこのイベント。全国の作家さん達が作った、カレーのための器がずらりと揃うイベントです。
昨年(2017)と今年(2018)の夏には、阪急うめだ本店でも、「カレーとカレーのためのうつわ展」としても開催され、カラピンチャも、スパイス販売やライス&カリーの提供という形で、出店させていただきました。

今秋の「カレーのためのうつわ展」
もちろん主役は間違いなく、素晴らしい器の数々ですが、付随したイベントもとても魅力的!

カレーのための素材市「カレーマルシェ」は、毎日開催。こちらでは、昨年に引き続き、当店のスリランカ産スパイスも販売していただきます!
ご好評いただいている「スリランカ・スパイスセット(レシピ付き)」4種も。
スパイスセットチキン写真:スリランカスパイスセット(チキンカレー用)

また、僕達が製造するトゥナパハ(カレーパウダー)、「Kalu.(カルゥ)」と「Amu.(アム)」も。
Kalu写真:ダークローストカレーパウダー「Kalu.(カルゥ)」。

他にも、「ゴラカ」、「モルディブフィッシュ」、「セイロンシナモン」など、スリランカならではのスパイスを並べていただく予定です。
ありがとうございます。
他にも、様々なお店の商品が並ぶ予定です。
ご来場の際には、是非、「カレーマルシェ」もチェックしてください!

他にも週末を中心にイベント盛りだくさん。
curryevents_aburakames出張カレー店、講座、ワークショップなどなど。
いずれも魅力的です。

そして、光栄なことに、
イベント最終日11月4日(日)には、僕達がライス&カリーを提供させていただきます!
締めくくりの大切な一日に恥じない、丁寧な料理を心がけます。

10/6(土)から11/4(日)とロングランなイベント。
関西からも車、電車ともにアクセスは簡単、実際に関西からのお客さんもとても多いらしいです。
築140年の油亀さんの建物も素敵!
是非、足を運んでみてください。

どうぞ宜しくお願いします★

 

以下、アートスペース油亀さんのwebサイトから引用。

「カレーのためのうつわ展」(2018)
2018年10月6日(土)→11月4日(日)
open11:00 close19:00
入場無料 火曜日はイベントおよび展示替えのため休廊
会場:アートスペース油亀
〒700-0812
岡山県岡山市北区出石町2丁目3-1
お問い合わせ:086-201-8884