スリランカから来た皆様へケータリング。

6月22日(木)。2017.

カラピンチャの近くにある正法寺さんへ行ってきました。
正法寺

こちらの正法寺さんは本門佛立宗という宗派ですが、なんとスリランカでの布教活動も行われており、約5000人の信徒さんがスリランカにいるそうです。

「え?」っと思った方もいらっしゃるのでは。
そう、スリランカは、仏教徒が国民の7割を占める国。信仰心も厚く、生活の隅々まで仏教が染み渡っています。
しかも、遥か昔に枝分かれした「上座部仏教」であり、日本に広まった「大乗仏教」とは、異なる点が多数あります。

そんなスリランカで、こちらの仏の道に関心を持たれた人々というのは、またそこに本当に熱心な気持ちがあることが伝わります。

そして、今回、スリランカから31名の信徒さんが来日されて、日本全国の本門佛立宗のお寺を回られるということです。
かなりハードな旅程&そろそろ故郷の味が恋しくなるタイミングということでした。
そこで、普段からも良くカラピンチャを利用していただいている正法寺のお坊さん、福岡清耀師に声をかけていただきまして、
カラピンチャがお寺に出向いて、皆様の昼食を用意させていただくことになりました!
本当に光栄です。

ほとんどの方が初めての日本。
各々の仏の道を磨くと同時に、楽しい思い出も作って欲しいと思い、一生懸命頑張りました!

 

当日の様子を写真で、どうぞ。

<皆様が見せてくれたスリランカの伝統的な劇>

スリランカ舞踊

スリランカ舞踊

スリランカ舞踊02スリランカ舞踊03正法寺ハリマ ラッサナイ!!(とっても美しい!!)
かなり本格的で、踊りあり、歌ありで、めちゃめちゃ感動。

 

そして、お昼時。
僕らカラピンチャが頑張るターン。

正法寺さんの厨房と食堂をお借りして昼食の準備完了。
ライス&カリービュッフェライス&カリーのビュッフェ。
お米はキーリサンバ。各料理はマティワラン(スリランカの土鍋)に。

シンハラ語で挨拶

食事前に、つたないシンハラ語でご挨拶。

写真左側、袈裟を着てらっしゃるのが、声をかけていただいた福岡清耀師。
スリランカへも何度も行かれてます。

さあ!
「バトゥ カム!」(ご飯食べよう!)RICEANDCURRY
DSC_0160

RICEANDCURRYアーッパDSC_0162アーッパも焼きます!!

アティンカムもちろん「アティン カナワーネーダ!」(手で食べるよね!)

RICEANDCURRYそして、おかわり!

ハイファイブイエイ!

カラピンチャ正法寺

みんな本当にたくさん食べてくれて、いっぱい喋れて、楽しかったー!
そして、喜んでいただけて、感無量です。

この後の旅程も、無事で充実したものになりますように。

正法寺日本&スリランカ。信徒の皆様。
中央は、福岡清耀師のお父様で正法寺のご住職、福岡清量師。

この度は、本当に素敵な機会をありがとうございました!!!

ウェサック。2017.

毎年5月の満月の日。
スリランカでは仏陀の生誕、悟り、涅槃を祝う「ウェサック」のお祭りが国を挙げて盛大に行われます。
スリランカの仏教徒にとって本当に大切な日。

また毎年、関西在住のスリランカ人、親類、知人などのために、スリランカからハームドゥルオ(お坊さん)がこられて、少し遅れてのウェサック祭が行われます。

今年は、6月18日。
例年通り、東大阪の長尾山信貞寺でウェサックが行われました。
こちらでの開催は、今年で20年目!
僕たちにとっては4年目。
今年も料理を持って行ってきました。

ウェサックお寺の外側には、国旗や仏旗。

ウェサック信貞寺の入り口。

FullSizeRender準備中。

ウェサックが始まり、まずは。
説法説法とお経。
シンハラ語の後に日本語でも説明があります。

そして。

ダンサラダーナの時間。
奥から、信貞寺の徳永住職、ニャーランガ・ハームドゥルオ(日本在住)、ダンミカ・ハームドゥルオ(スリランカから)、加えて3名の若いハームドゥルオ。

IMG_8497
IMG_8500ハームドゥルオの皆様に食べていただいた後は、

IMG_8503みんなでダンサラ。
ダンサラ写真以外にも、本当にたくさんの料理がありました。

ダンサラ

ピリットヌーラ食後の説法の後は、みんなの腕に、ピリットヌーラをまいていただきます。
(ピリット=お経、ヌーラ=紐)
今年も、心洗われる素敵な一日でした。
ありがとうございます★

 

スリランカの正月の軽食提供。4/13(木),14(金)2017。

4/13(木)夜、14(金)昼。
スリランカの正月を祝う軽食をカラピンチャにて提供します!
キリバット

【4/13(木)夜】17:00-20:00頃
キリバット(ココナッツミルクでスリランカのキャクル米を炊いて、固めたお祝い料理)やコキス、キャウン(揚げ菓子)、バナナなどの軽食を用意します。
カレーはありません。食事というより、軽食&おやつ的なイメージです。
お昼の営業はありません。

【4/14(金)昼】11:00-15:00頃
ハタマールワという伝統的な野菜の煮込み料理を含むライス&カリー。「ハタ」はシンハラ語で「7」、「マールワ」は「カレー」的な意味。7種の野菜が入っています。手に入る7つ野菜で作ります。

両日とも通常メニューはございません。
ちなみに「明けましておめでとうございます。」はシンハラ語で「スバ アルット アウルダック ウェーワー。」と言います。
スリランカの正月に伝統的な軽食をお楽しみ下さい★
(写真は昨年の初日に出したキリバット他です。)

.
අලුත් අවුරුදු කෑම

මේයේ රස බලන්න එන්න කරපිංචා වෙත.

පරණ අවුරුදු දා(4/13) හවස(17:00-20:00) කිරිබත් සමග කැවුම් කොකිස් අදි රස කැවිලි ද.

අලුත් අවුරැදු (4/14. 11:00-15:00)
හත්මාළුව සමග දිවා බෝජනය ද
සූදානමු කර ඇති බැවින් ඹබ සැමගේ පැමිණණීම සාදරයෙන් බලාපොරොත්තු වෙමු

10/21(金) 灘高架下オープンナイト/出店。2016

カラピンチャの目の前にある阪急・王子公園駅。そこから西への線路は、古くからのコンクリ剥出しの高架です。そして、その高架下には、近年、たくさんの工房やスタジオが集まってきています。カラピンチャが今の場所になってもうすぐ3年ですが、この間にもたくさんのユニークな工房、人々がやってきました。
来る10月21日(金)夜。その内側が公開されます!(入場無料)
%e7%81%98%e9%ab%98%e6%9e%b6%e4%b8%8bopennight
そして、春日野道駅近くの空区画で、カラピンチャもフクロウパンさん、クラフトビールのTUGIさんと一緒に、フードブースを出店させていただきます。
詳細は、下記リンクのreallocalさんのサイトでご確認ください。
 ・
僕達も、各アトリエ、スタジオにお邪魔したことがありますが、皆さん、独特の空間を生かして、自由でオモロイ事をされてます。一見の価値あり!!是非、来てください★
 ・
※当日10/21(金)は、カラピンチャのカレンダー通り、店舗での営業をお休みさせていただきます。よろしくお願いします。

「南アジアの路地裏で」。最高の一日でした。感謝。

10/8(土)。「南アジアの路地裏で」が無事終了しました。
雨の予報でしたが、天気は晴れ!たくさんの人々が来場し、まさに南アジアのストリート感沸き立つ賑やかなイベントになりました。
皆様、本当にありがとうございました!!!

 

まずは、イベントの風景を写真でどうぞ。
(写真を貸してくれた友人の皆様、感謝!)

14572470_10209572790630941_766188973_o今回のスペシャルゲスト。シャンカール・ノグチさん&水野仁輔さん。(Team “Air Spice” from 東京スパイス番長)

 

<前日の仕込み&当日朝の準備の風景>
14632644_1196169593773520_1190326379_o

写真に写ってない客席側でもみんな仕込み。ギュウギュウです。

14614360_892357597565260_969059766_o写真左のメガネの若者は前日の仕込みをずっと手伝ってくれたフーミン。
写真がないのですが、「バダムミルクプリン」を作ってくれたのは、今月にインドとネパールに行って来るゼロワンカレースタッフのモンちゃん。

14599872_1196169583773521_537691660_oスパイス商でもあるシャンカール氏。自ら粉砕&ブレンドして来たオリジナルカレーパウダーを、さらに焙煎中。

14572658_1159838694101468_816611553_oどんなに慌しくても、朝は紅茶でチル。

14572722_10209572791390960_2125207614_o

路上でも仕込み。
写真のセンターは、このイベントの牽引者、ダルバート食堂の遼くん。

14618665_10210552929130308_471811698_o

国旗の設置完了。(Barカタカムナ側)

 

<イベント風景>

r0003192受付はカラニとチャットゥーの姉妹。普段の週末はカラピンチャでバイトしてくれてます。
エプロン姿は「犬くん」。今回のフライヤー、KAZEDAルピー、チケットのデザインをしてくれました。chips and crickets代表。instagramアカウントは「chips.crickets

14572575_1152992848123717_1284095819_o

お客さん入場。ドキドキ!

r0003190会場外、カラピンチャ側。
ほんまに雨降らんで良かったー。

r0003189

会場外、カタカムナ側。
普通に買い物帰りの方も通る日常。写真奥の方にはスリランカの青年達。

r0003221

会場、二階からの風景。
スリランカ屋台を手伝ってくれたのは、普段、スリランカのスパイス販売業務をサポートしてくれている速水くんとトモナちゃん夫婦。

 

2016-10-08-13-55-25

ネパールの大きな揚げ餃子「シャバレ」。

14585565_892357660898587_1835926661_oスタッフのチャーリー。会場内のPOPのカッコイイ文字は彼女による。

14585777_1152992838123718_1488061091_oTeam “Air Spice”のトークショー。準備なしのフリートークなのに、話がオモロイオモロイ!Uさんの眼鏡もキラリ。

8bc6d3f8-7d90-4a59-8a8f-320c6b1f65bc左は水野さん作「チェチナード・ブナ・マトン」。
右はシャンカールさん作「ムルグ・シャハジェハニ(デリー)」。

14618830_892357667565253_249592886_o写真左側の南インド屋台には「風だ(仮)」のマスカット(マスコット)、ゼロワンカレーのマルちゃん。
右側には、ドリンク屋台、Barカタカムナのリチャ君。

2016-10-08-13-22-36スリランカの海老入り豆の揚げ料理「イッソワデー」。

14672764_974276009362059_1969988663_o

これ分かります?
南アジアの路上では、おっちゃんが体重計を置いてて、小銭で体重を計れるという風景が良くあります。
大阪・北浜のネパール料理店「マナカマナ」の娘さんレイちゃんとカエルのおっちゃん。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%abこちらも南アジアの壁に良く書かれている「STICK NO BILLS」=「張り紙禁止」。


r0003203ストリートフードとよく合う各国のビール。
スリランカはLion。ネパールはNepal Ice。インドはMaharaja。

r0003196会場内で使える通貨「KAZEDAルピー」。スリランカもインドもネパールも、各国別物ですが通過は「ルピー」。

写真がないのですが、カラピンチャ側の厨房では、スリランカ人女性のヘーマさんがカトゥレットを作り、ネパール人女性のシェルパさんがモモを包んで蒸し、カラピンチャのみつるが揚げ物を仕上げているという、アジア混合、女の賑やか台所な雰囲気。

外はやっぱり、
14618924_1159838517434819_1482102433_oThis is the Back Street!

 

料理の写真が少ないので、
ここからは、instagramで「カラピンチャ karapincha」のスポットや「#南アジアの路地裏で」のタグなどで検索して出てきた画像です。
(もし写真掲載に問題がある場合は、カラピンチャまで連絡ください。)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7002 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7003 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7004 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7005 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7006 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7007 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7008 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7009 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7010 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7011 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7013

素敵な写真ばかりでめちゃめちゃ嬉しい!!!

 

ここから、文章。
ちょっと長いのでお時間がある時に、じっくりどうぞ。

今回のイベント「南アジアの路地裏で」では、僕たち「風だ(仮)」(ラピンチャ&ロワンカレー&ルバート食堂)が、愛してやまないスリランカ、南インド、ネパールの「料理」に加えて、それを食べている「風景」、「空気感」というものも同時に丸ごと伝えたいと、前からずっと思っていたことを、ようやく形に出来ました。

僕の場合、スリランカの賑やかで人間味全開の街中をふらふら歩いて、色んな人といっぱい喋って、あっちこっちで買い食いするのって、めちゃめちゃ楽しい!
ダルバート食堂の遼くんはネパールで、ゼロワンカレーのマルちゃんは南インドのケララで、同じこと思ってたみたいです。
そして昨年、三人一緒にこの三国を旅した時に、「料理」は違うけど、その路地裏にある雑多でワクワクな「空気感」は一緒だと興奮し、「これやりたいなぁ。」って。

するとタイミング良く、Barカタカムナのリチャ君が今夏にカラピンチャの真向かいに引っ越し。「来た!出来る!」となったわけです。

さらに、同じタイミングで、あの水野仁輔さん&シャンカール・ノグチさんと仲良くなることができました。彼らは東京スパイス番長として7年連続インドへ渡航、毎年テーマを決めて、インドの料理を深く掘り下げていて、「このイベントにバッチリなゲストやん!」となったわけです。
とは言え、お二人とも多忙な有名人。神戸まで呼ぶのは難しいと思いつつ、ダメ元オファー→二つ返事「OK!」→僕達「やったー!」

そんなこんなで急ピッチでイベント準備。
ただ、「カレー」という人気コンテンツをあえて抑え気味にし、「ストリートフード」を前に出したこのイベント。正直、集客にはあまり自信がなかった。というか苦労を強いられるのは必至の覚悟。

でも、フライヤー設置にたくさんのお店や施設が協力してくれました。そして多くの人が雑誌、SNS、口コミなどでイベントの情報発信に協力してくれました。
そのおかげで、本当にたくさんのお客さんが来場し、まさに雑多で賑やかなストリートが再現されていました。

スリランカ人のみんなもたくさん来てくれました!
බොහොම ස්තූතියි(Thank you very much.)

お客さんが道に出て、椅子を机に地べた座ってアーッパ食べてるとか、めっちゃ最高なんです。(椅子足りてなくてゴメンナサイ/車の通行の妨げなし、イベント終了後路上のゴミはゼロ、スバラシイ)

イベント終了間際には、マッシブ率いる「猿バード西梅田chor」によるゲリラゴスペルライブ。めっちゃカッコ良くて、めっちゃ笑った。スリランカでローカルバスに乗ってて、突然ギター持ったおっちゃんが乗ってきて歌い出す。みたいな感じ。

水野さん、シャンカールさんは仕込みから一緒にやらせてもらいましたが、手の込んだカレーなのに、あれだけの量をチャッと、バッチッと作ってカッコよかった。そんで、どっちもめちゃめちゃ美味しかった!!

イベント用機材は、神戸・大蔵山のネパール料理店「ククリ」(遼くんの古巣)のシュウゾウさんからたくさん貸してもらいました。感謝!

 

そしてそして、
イベントに来ていただいたお客様全員。本当にありがとうございます!!!
スリランカ、ネパール、南インドへ行ったことある方、そうでない方、僕らが大好きなアノ感じ、楽しんでもらえたと信じています。

改めまして、
本当にVeryめちゃめちゃゴダックたくさんの人達の協力のおかげで、最高の一日になりました!
もうね、言葉がないです。
「感謝感謝、感謝感謝。感謝感謝、感謝感謝。」
これの永久ループです。

 

イベント片付け終了後、最後の一枚。
img_6173みんなええ顔してます。

 

 

 

 

またやりたいな。