営業再開予定。仮ピンチャ残りの営業日。

【カラピンチャ:8月4日(火)営業再開予定】
【仮ピンチャ:7月24(金)、28(火)、29(水)、30(木)営業】

ただいま仮ピンチャとして限定営業中のカラピンチャですが、8月4日(火)より通常営業を再開します。
手首の怪我の完治まではもう少しかかるため、コットゥロティは再開後もしばらくの間提供できません。申し訳ございません。
仮ピンチャとしての営業は、当初の予定に加えて来週も3日間行います。7/24(金),28(火),29(水),30(木) 11:30?16:00(売切れ次第終了)
野菜中心のライス&カリー(800円)のみ。
ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
どうぞ宜しくお願いします!!

ウェサック祭。2015。

毎年5月の満月の日。
スリランカでは仏陀の生誕、悟り、入滅を祝う「ウェサック祭」が国を挙げて盛大に行われます。めちゃめちゃ盛大らしいです!
スリランカの仏教徒にとって、本当に大切な日。

また毎年、関西在住のスリランカ人、親類、知人などのために、スリランカからハームドゥルオ(お坊さん)がこられて、少し遅れてのウェサック祭が行われます。

今年は、5月31日。例年通り、東大阪の長尾山信貞寺でウェサック祭が行われ、僕たちも昨年に引き続き、料理を持って行ってきました。


お経の時間。


スリランカからのお坊さん。日本のお坊さん。
左から2番目のかたが、僕たちがスリランカ滞在中にもお世話になったダンミカ・ハームドゥルオ。

ウェサック祭では、
みんなが料理を持ち寄って、まず仏陀にお供えをし、それからお坊さんに食べてもらい、その後、みんなで食べます!!

今年は参加者も多くて、たくさんの料理がならびました。

これはほんの一部。

 


集まったたくさんの人。
中央のメガネの男性が主催のサマンさん。いつもありがとうございます!


食後の説法の後は、お守り、厄除け的なピリットヌーラを手首に巻いてもらいます。

仏教が生活にとけ込んでいるスリランカ。
日本で生活しているスリランカ人にとっては、とても大切な日だと思います。
僕達にとっても、スリランカの空気を思い出す貴重な機会でした。

いつかウェサック祭のタイミングでスリランカに行きたいです!

5/26今週はロールスあります。30(土)31(日)お休み。

今週のカレープレートの内容です!(写真)

国産オクラが美味しくなってきました!
そして、今週は限定数量で「ロールス」をご用意。
カラピンチャのロールスはロティ生地を使った食堂仕様。
スリランカのストリートフードをお楽しみ下さい。

ロールスの断面はこんな感じ↓↓↓

週末30(土)、31(日)はスリランカからの来客に伴いまして、臨時休業させていただきます。ご迷惑おかけしまして申し訳ございません。
宜しくお願いします。

石垣島からポロス。

カラピンチャのブログでも良く紹介しているスリランカならではの美味しい食材「ポロス」(若いジャックフルーツ)。
日本国内ではほとんど流通しません。あったとしても熟れたもので、カレーに適した若いものは滅多にお目にかかれません。

とかなんとか言っていると、
“ニッポン”の南の島から、

突然届いたポロス!!
石垣島からの贈り物です。

スリランカでは、ジャックフルーツは成長過程で呼び名が変ります。
「ポロス」と呼ばれるのは若くてまだ実が小さい状態。
今回のもので25cmくらい。
カラピンチャに良く来てくれる坊ちゃんが持つとこのくらい。
※ジャックフルーツについての詳細は過去のブログ記事をご参照下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ポロス→コス→ワラカー 2015年1月14日」
それでは
ポロスをカット。

うん!いいポロス!
強烈な粘液が垂れだします。
この先は、手袋着用での解体作業で写真はなしです。。。

ポロスの実は弾力のある食感と味もしっかりなので、お肉を調理するレシピでカレーに仕上げて行きます。
さらに独特なのが、スリランカのカレーでは極めて珍しく、「長時間煮込む」「一晩置く」という作業で仕上げていきます。
日本でポロスを調理できるなんて嬉しすぎです。

出来たカレーはこんな感じ。

文句なしにラサイ!!!

カラピンチャでも缶詰のものでポロスのカレーを作りますが、このしっかりした食感はフレッシュの実ならでは。

今回作ったポロスのカレーは近くに住むスリランカ人の方々にお裾分けしました。
故郷の味を感じて貰えたでしょうか。

確約はできませんが、また次回、石垣島から最高の贈り物が届いた時はカラピンチャにて提供したいと望んでいます!!

あちゃーる。

東の方の北の方から、いい香り。
宮城県仙台市。どうしても訪れたかったお店。ネパール料理の「あちゃーる」さん。

関西でネパール料理に取り組む若者「ダルバート食堂」遼くんの熱い誘いもあって、行ってきました!!

さらに、大阪で南インド料理に取り組む、どこまでも好奇心旺盛な「ゼロワンカレー」まるちゃんもジョイン。僕ら夫婦と4人での仙台ショートトリップ。

神戸空港→<船>→関西空港→<飛行機>→仙台空港→<レンタカー>→あちゃーる。

閑静な住宅街に「あちゃーる」発見。

そして、いただきました「サントゥスタ」。

こちらは新メニュー「ダール玄米バート」。

とにかく旨い。食感楽しい。
自分の身体がぐんぐん喜ぶ感じです。
素材、特に野菜へのアプローチが自由で多彩で、混ぜて混ぜて、 とにかく旨い。
そんで、サービスでいただいた色んなチャトニがまたGOOD JOB。
ご飯おかわり。駆け抜けました!

取り組む料理の国は違えど、「あちゃーる」森さん夫妻の料理&姿勢に感服です。
カラピンチャが一皮むける大きなヒントがありました!!


森さんとパシャリ。

 
翌日は、森さんと一緒に仙台観光。


定規寺。三角あぶらあげ美味しかった。


塩竈神社。うまくいくお守り。


松島。牡蠣食べ放題。 つい食べ過ぎた。


奥松島遊覧船。岩の形動物あてクイズいっぱい。

美味しい楽しい観光。
でもやっぱり飲食店の話、料理の話に花が咲く。

他国の料理を志すと、どうしてもうまれる矛盾、葛藤。
でも確かな先輩の足跡と、共に悩む仲間達。しっかり前進できそうです。

遼くん。まるちゃん。そして森さん。最高に最高な2日間でした!!
本当にありがとうございます。
東北にはやり残したこともありますので、また行こう。また行きます。