他にも美味いネパール料理。

ネパールにはダルバート以外にも色々なものがあります。その中でも印象的だったのが「カジャ」。

軽食のような、おつまみのような料理全般を指すようです。もともとネワール族の料理が、ネパール全体に地域性を反映しながら広がったらしい。

日本では、まだまだ馴染みの浅い、でもネパールで愛され続けるこのカジャを今回の旅では何度もいただくことができました。

カジャ。こんな感じです↓

カジャ

ポカラの小さなローカル食堂。

 

カジャ1

水牛のスクティ(干し肉)、大豆のサディコ(和え物)、チウラ(干し米)、トマトのアチャール。

 

カトマンドゥのカジャ屋

カトマンドゥのカジャ屋。

カジャ2

伝統的なネワールのカジャが並びます。

カジャ3

右の肉料理は水牛のチョエラ(焼いた肉をマリネ)。その奥には生肉が!(カチュラ)

アルタマ

ジャガイモとタケノコのスープ、アルタマ。発酵したタケノコがええ出汁出してます。

チャタモリ1

チャタモリ。米粉の薄焼き。

image

今回は、卵とキーマ入り。(プレーンのものがベーシック)

カトマンドゥのカジャ屋2

カトマンドゥにて別のカジャ屋。

カジャ

チョエラ

ここでもチョエラ

肺のフライ

バフ(水牛)の肺のフライ。

チャタモリ

またしてもチャタモリ。

ウォー

お好み焼き的なウォー。生地は豆粉。

カジャ。肉の使用頻度が高いのと、ご飯と一緒に食べないというところが興味深い。

どれもしっかり塩気があって美味い!ロキシーやトゥンバといったネパールの地酒との相性も抜群(とのこと)。お酒にタブーな部分が少ないネパールらしい料理な気もします。

他にもネパール料理色々。

 

MO:MO(モモ)!!  ↓

モモ1

ポカラのレストランにて。

モモ2

カトマンドゥのストリートにて。

モモ3

レストラン(タメルハウス)にて。

 

セクア(味付けした水牛やヤギの串焼き)↓

セクア image

i

シャバレ。小麦の生地で肉などの具を包んで揚げたもの。

ホントに良く食べたネパールの日々。

あくまで僕の考えですが、ネパールはスリランカと比べ、気候や環境の差もあり、食材の種類は少ないですが、限られた食材に様々な加工、調理を加えることで、豊かな食文化を形成しているように思います。

また多民族がお互いを尊重することで、様々なスタイルの料理が楽しめる。

めちゃめちゃイケてます。

次の記事では、ネパールの街の日常的な風景を紹介します。

 

ちなみに今、予定では南インド・ケララ州のコーチンにいるはずでしたが、飛行機の遅延によりニューデリーで夜を明かします。

Comments are closed.