ダルバート。

今回の三国の旅。

まずはこの旅を共にするのは、

りょう君とまるちゃん

左は大阪のネパール料理店「ダルバート食堂」のりょう君。右は同じく大阪、南インド料理「ゼロワンカレー」のまるちゃん。

ふたりともそれぞれの国と料理に熱い思い持ち、料理のこと、店の運営のこと、プライベートやどうでもいいこと、なんでも話せる最高の友達です。

 

最初の訪問国はりょう君が愛してやまないネパール。

ヒマラヤ
飛行機から雄大なヒマラヤを眺めなら、とてもレンガ造りのカトマンズ空港に着陸。

りょう君の友達、サロージさんがお出迎え。

サロージ

そして向かうのは、

何はともあれダルバート!

【ダルバートとは】
ダル=豆、バート=ご飯。
たくさんの御飯と豆のカレーを中心に、肉のカレーや野菜のオカズや漬物を組み合わせた国民的な定食です。

カトマンドゥのBaneshwar地区の地元の人で賑わう食堂にて

カトマンズの食堂

カトマンズの食堂2

ここでのダルバート↓

カトマンズでダルバート

肉のカレーはローカルチキンをチョイス。

左の器が「ダル」。右の器がローカルチキン。他にジャガイモのおかず、青菜の炒め物、大根のアチャールやトマトのアチャールなど。ベーシックなタカリスタイルのダルバートらしい。(タカリというのは、ネパールの中のひつつの民族の名前)

ローカルチキンのしっかりした食感。おかずとアチャールがめちゃええ仕事。 そしてダルが一皿を上手くまとめて、めちゃ美味しい。お代わりしまくりで駆け抜けました。

この旅では色んなネパール料理を堪能しましたが、ひとまず食べた全てのダルバートを紹介します。

標高1400mのカトマンドゥから西へ約6時間。標高800mのポカラという街で食べたダルバート。

ポカラの食堂

マイリーバンチャガル。

ポカラでのダルバート

ここではマトンをチョイス。ダルは皮付きのムング豆で緑色の仕上り。

ここのダルバートも最初に食べたものと見た目はよく似たスタイルだけど、個々の仕上がりや混ざった味わいはまた異なる美味しさで感動。

ダルバートの提供方法は全ての料理が乗った状態で出て来て、必要に応じてお代わりを盛ってくれるスタイルがポピュラーなよう。スリランカではこのスタイルよりもビュッフェ方式が一般的。

 

タカリキッチン

ポカラのニューロードの「タカリキッチン」

ポカラでダルバート2

ここのはアチャールの種類が豊富。

グンドゥルックという発酵干し草のもの。大根のものが2種、トマトのもの。ネパールでのアチャールの定義は、スリランカのそれよりもかなり広く、一皿の中での役割の重要性はすごく高いように思います。

まるちゃんがご飯の代わりに注文したディロ↓

ディロ

そば粉が主成分で柔らかく一定の粘度があります。

 

りょう君がチョイスした魚のカレー↓

川魚のカレー

海のない国ネパールでは、魚といえば川魚。

 

タメルハウスレストラン

カトマンドゥのタメルハウスレストラン。

タメルハウスのダルバート

ヴェジのダルバート。ここは高級料理店で全体的に塩味が薄めですが、おかずの種類が多い。真っ黒なダルが印象的。真ん中のはパニール(チーズの一種)。一皿に全ての料理を全てのっけるスタイルはスリランカっぽい。

 

 

ネパールで食べたダルバート。

ほんの4食ですが、りょう君とサロージさんのガイドのおかげもあり、どれも美味しかった!

しっかりした肉のカレーと野菜の味を生かしたタルカリ。酸味や辛味など加えて行くアチャール。そして一皿はみごとに調和してくれるダル。

塩味もしっかり、そこそこ油も使っているのに、食が進む進む。どんどんお代わりして、最後まで美味い!

基本的にシンプルな構成な料理なのに、それ以上の付加を必要としない食事だと思う。

めちゃめちゃ好き。

ネパールには四季もあり、多くの民族がいて、ダルバートだって、無数のバリエーションがあるんだろうけど、みんなが愛するこの食事の懐の深さを垣間見れた気がします。

他に食べたネパールの食事やネパールの風景は、別の記事で紹介したいと思います。

 

今、カトマンドゥ空港でもうすぐネパールを離れます。

飛行機の出発は、やや遅れ気味で、今後の乗り換えが不安。そして、すでにダルバートが恋しい。

 

ありがとうネパール!また来たい!

ネパールの犬達

Comments are closed.