クルンドゥのおっちゃん(シナモン剥きの名人)。

スリランカカレーで欠かせないスパイスのひとつ「クルンドゥ」=「セイロンシナモン」。

クスノキ科の木で、その樹皮がスパイスとして使われます。
カレーだけでなく、お菓子作りや紅茶、コーヒーに入れたりも。
スリランカ産のクルンドゥ。すごく香り高く、雑じゃない丁寧な味わい。

僕が今いるマータラのあっちこっちにも、クルンドゥワッタ(シナモン畑)があり、ジャヤさんのお父さんのクルンドゥを育てています。


ナイフでバキッと。
すごくいい香り!

それを持って帰り。
皮を剥く!と思いきや。

「クルンドゥのオッチャンとこ持ってけ!」
と言われて、近所のお家を訪問。
<クルンドゥのオッチャンことダハパーラさん。
このクルンドゥ。良く見かけるクルッと巻いたロール形状に剥くのはとても難しいんです。

まず表面の硬い皮をナイフで削ぎ落しー。
出て来た薄皮の部分をナイフの握り手の部分で丁寧に均しー。
そしてその皮をクルッと剥いていくわけですが・・・。
ムービーでどうぞ↓↓↓


ラッサナイ!(キレイ!)
これをしっかり乾燥させれば、スパイスとしてのクルンドゥが仕上がります。

僕もクルンドゥむきに挑戦中。ムズカシタノシー★

自分で剥いたクルンドゥでカレーを作る。
んで食べる。
感激な瞬間。

 

追記:
通販サイト「スパイスカラピンチャ」でスリランカ産「セイロンシナモン」の販売をしています。
こちらは、スリランカの大手スパイス会社「RUHUNU FOODS」の製品となります。
スリランカスパイス カラピンチャ

4 thoughts on “クルンドゥのおっちゃん(シナモン剥きの名人)。

  1. シナモン大好き!よくつかうんだけど、こんなに地道な作業で作られていたのね~。
    もっと、するっと剥けるのかと思った!
    ゆっくりじっくり作られるのねえ。

  2. スリランカのスーパーでシナモンパウダーを探したら木の皮状のものしか売ってなかったのだけど、料理に使うときはみんな自分達でこなこなにするんですか?
    あのちっさい臼みたいなのでつぶすのかな?

    • カレーを作りのときなら、手でバキバキ潰して入れちゃいます。
      クドゥ(パウダー)が必要なときは、やっぱりワンゲディヤ(木臼)&モールガハ(木の棒)、もしくはミリスガラ(石の臼)の出番ですかね。
      おっきいほうが楽ちん。