クルネーガラ。友人宅。

クルネーガラという街に行って来ました。
ここには、カラピンチャへ良く来てくれるスリランカの学生、アンジェロの実家があり、今回お邪魔させてもらうことに。

クルネーガラは商業都市で、特に車関連の産業が盛んで、日本とりやり取りも多いです。

クルネーガラ街を見下ろす大きな岩の上にブッダ。
岩の名前はアトゥガラ(象の岩)。

クルネーガラのバスターミナル大きなバスターミナルに到着。
アンジェロのお父さんがわざわざ車で迎えに来てくれました。感謝。

お家に到着。
アンジェロのファミリー左から、お母さん。長女のマルシャ。お父さん。次女のマルニ。みんないつも笑顔。

ウェルカムロールス&ハラパ(ヘラパ)
002ロールス

ハラッパ近所の子供達近所の子供達。
素敵なシンドゥー(歌)を聞かせてくれました。

プーサー

飼い猫。

そして、間もなくのランチ。
これが、びっくりするほどデラックス。
スリランカのライス&カリーチキンカレー。素揚げしたコヒラの和え物。ポークカレー。ゴトゥコラの和え物。アンバラッラ(酸っぱい木の実)のカレー。アチャール(漬け物)。コス(ジャックフルーツ)のカレー。パパダン。
ここのお家はクリスチャン。お肉もしっかり食べます。

スリランカのライス&カリーめちゃめちゃウマイ!!!何度もオカワリで大満足。
プリン食後には、自家製プリン!でかい!うまい!

スリランカの家庭は、普段からこんな豪華な食事をしているわけではありません。僕たちのための歓迎スペシャルです。ほんまに感謝感激です!

そして、夕方からみんなでお出かけ。

まずはアトゥガラへ。
車で頂上までアクセスすることができます。
012アトゥガラ仏陀近くまで来るとほんまにでっかい。

アトゥガラモンキー猿の子供達。

アトゥガラチルボーイズチルする少年達。

アトゥガラそして、暮れていくクルネーガラの街。

その後は、
クルネーガラ貯水池のほとりで紅茶タイム。
クルネーガラ貯水池写真の中央には、アトゥガラの上で輝くブッダ。

ディナーは、高級レストラン「サルケタ」へ。
サルケタ
スペシャルライスサルケタスペシャルライス。
デッラクスなシーフードチョップシーがかかったフライドライス。
文句なし。

翌朝、
朝食をみんなで用意して、長女マルシャの嫁ぎ先の家へ。
田んぼ案内こちらの家のお父さんは元校長先生。今もお寺の日曜学校で教えています。
自慢の田んぼや庭を案内。

人懐っこい長女の姪人懐っこい長女の姪っ子。

そして、
両家がそれぞれ用意した料理が朝の食卓に並びます。
朝食朝食インディアーッパ、アーッパ、ビッタラアーッパ、ピットゥ、イドゥリ、ポルロティ、ワデー。粉ものだけでもこのラインナップ。加えて、カレー他の料理。
こんな豪華な朝ご飯は初めて。
でもたくさん人数がいるので、どんどん料理はなくなっていく、気持ちいい!!
大満足。

そして、家に戻り、
僕のリクエストに応えての、バダプ・トゥナパハ(ローストカレーパウダー)作りのスタート。
バダプ・トゥナパハとは、主に肉や魚のカレーに使う混合スパイスで、文字通り、スパイスをローストして仕上げていきます。

トゥナパハ作りコリアンダー、クミン、フェンネル、フェヌグリーク、マスタードシード、カレーリーフ、パンダンリーフ、赤唐辛子などなど。
火の通る早さに合わせて、ホール状態のスパイスを加えながら煎っていきます。油などは使わないので、常に鍋を混ぜ続ける必要があります。
また、この配合や製法は、家庭やメーカーでかなり違います。
僕も何度も、この作業を見せてもらったことがありますが、この家でも独自の裏技が数々散りばめられており、本当に勉強になります。

トゥナパハロースト終了!めちゃめちゃいい香り。

それをミルで粉末に。
トゥナパハ

さらにいい香り。バダプ・トゥナパハ完成!
料理好きのアンジェロが家の味を楽しむために持って帰ります。

ちなみに僕が過去に体験した小さな工場でのトゥナパハ作りの記事は以下アドレスから↓↓↓
http://karapincha.jp/blog/?p=695

そして出来立てのバダプトゥナパハを使って、最後の昼食。
二回目の昼食これまたデラックス!!
もうこれでもかと食べました。

ホンマにこの二日間、とてもとても豪華な食事を食べに食べて食べに食べて、確実に太りました。これはこれでハッピーなわけです。
アンジェロ&家族親戚の皆さん。本当にありがとうございます!

クルネーガラ。最高。
田んぼで

Comments are closed.