MUSICA TEAの3品番。販売します。

2017年は、スリランカ茶業150周年ということで、ムジカティーさんの記念紅茶缶「セレブレーションブレンド」が発売されました。
カラピンチャでも、店舗及び通販サイトで販売してきました。
おかげさまでたくさんのお客様にお求めいただきました。ありがとうございました。

そして、来る2018年に先駆けた新たな展開として、
ムジカティーさんが扱うスリランカ産茶葉の中から、3品番をセレクトし、販売させていただきます。

それではひとつずつ紹介します。

◎プライド・オブ・スリランカ
PRIDE_OF_SRILANKAPRIDE_leaf01sミディアム・グロウン(標高670-1300mで栽培)。明るく香り高いハイ・グロウンと、色濃くコクのあるロウ・グロウンの中間的な特徴を持ちます。
BOPF/ブロークン・オレンジ・ペコー・ファニングス。
かなり細かく仕上げられており、しっかりとした味と香りを持ちます。
ミルクティー(シンハラ語:キリテー)向けです。
砂糖を多めに入れて甘く仕上げることで、まさにスリランカで良く飲まれている風合いに仕上がります。

◎ヌワラエリヤ

NUWARAELIYANUWARAE_leaf01sスリランカで最も標高の高い紅茶の産地ヌワラエリヤ。
ハイ・グロウン(標高1300m以上での栽培)。
BOP/ブロークン・オレンジ・ペコーです。
明るいオレンジな水色で、程よく刺激的な香りと、ほのかな渋み、そしてやや緑茶に近い風味を持ちます。
ストレートティー(シンハラ語:プレーンテー)がおすすめです。
僕達がヌワラエリヤの紅茶工場等を訪れた時の様子は以下から。
ヌワラエリア。その1。紅茶。
(※販売商品の製造風景ではありません。)

◎サバラガムワ
SABARAGAMUWASABARA_leaf01s過去はさらに南に位置するルフナと言う産地に含まれていましたが、特徴の違いから独立した産地として名がつきました。
そのため知名度こそまだ低いですが、近年人気が高まってます。
ロウ・グロウン(標高670m以下での栽培)に分類され、標高300-400mで栽培されています。
BOP/ブロークン・オレンジ・ペコー。
ダークな水色で、甘い香りと程よい渋みと苦味を持ちます。
ミルクティーがおすすめです。
カラピンチャで提供しているキリテー(ミルクティー)は、この茶葉を使用しています。

MUJICA_CEYLON_TEAいずれも80グラム入りの円筒缶。
そのまま保存でき、使いきりやすい量です。
ムジカティーさんがカラピンチャでの展開のために特別仕様で用意してくれました。ありがとうございます!!

店頭および通販サイト「スパイスからピンチャ」での販売です。
セイロンティーの販売ページは以下です。
◎スパイスカラピンチャ/紅茶(セイロンティー)

スリランカ料理やカレーの後に
仕事の合間のブレイクタイムに
美味しいデザートと一緒に

いつもの日常にセイロンティーを。

どうぞよろしくお願いします。

labookellieで紅茶写真:ヌワラエリヤの茶園でいただいた紅茶。(2017年2月)

スリランカ茶業150年。ムジカティー65年。記念紅茶発売。

来年、2017年はスリランカにとってビッグイヤーです。
スリランカと聞いて、多くの人がまず頭に浮かぶのは「セイロンティー」。つまり紅茶ではないでしょうか?
セイロンティーの父として知られるジェームス・テイラー氏(スコットランド人)が、スリランカの地で、紅茶栽培をスタートしたのが1867年。もうすぐやってくる2017年は、スリランカ茶業がスタートして150周年となるわけです。
それを記念して、日本で古くから高品質のセイロンティーを取り扱うムジカティー(MUSICA TEA)さんが CELEBRATION BLEND を作り、限定販売されます。
さらに、そのムジカティーさんは、創業65周年!!

その CELEBRATION BLEND の限定缶はこんな感じ↓
celebrationblend01スリランカ産の高品質の茶葉でスリランカで袋詰めされたことをスリランカ紅茶局が証明する CEYLON TEA SYMBOL OF QUALITY のマーク。
スリランカ茶業150年&ムジカテー65年の文字。

缶の右側は、
celebrationblend02現在のムジカティーさんのマーク。
カップとポット。

 

左側には、
150cb03創業時のムジカティーさんのマーク。
音符と鳥。

 

缶の背面は、
CELEBRATIONBLEND04美味しい紅茶の淹れ方。

簡潔でありながら、高級感もあって、めちゃめっちゃカッコイイ!

カラピンチャでは、前店舗(奥水道筋のティダチチサロン)での営業の頃から、ムジカティーさんの茶葉を使用して紅茶を作ってきました。僕達も紅茶が大好きで、毎日、スリランカを思いながら紅茶を楽しんでいます。

そして、今回、この記念缶をカラピンチャ店舗及び通販サイトでも販売させていただくことになりました。(200g入/1,600円)

通販サイト「スパイスカラピンチャ」は以下からアスセス。
http://spice-karapincha.jp
スリランカスパイス カラピンチャ

 

 

ウバ(スリランカではウワと発音)やウダプッセワラといった茶葉がブレンドされており、しっかりとした香りと味いで、プレーンテー(ストレートティー)でもキリテー(ミルクティー)でも美味しくいただけます!

美味しい紅茶のある日々、素敵です。
是非、楽しんで下さい。

ターッタの紅茶畑へ。

1月2日。食堂はお休み。朝の5時からアンマー(お母さん)と朝ご飯を作った後は、ターッタ(お父さん)とお出かけ。
目指すは家から少し離れたところにあるターッタのテーワッタ(「テー」=「紅茶」、「ワッタ」=「畑」)。

田舎道をボロボロのバスに揺られながら、山道をあがっていきます。

テーワッタに到着です。
そう!スリランカといえば紅茶の国。

セイロンティーのセイロンはスリランカの昔の国名。

ターッタと一緒にテーコラ(「コラ」=「葉」)をどんどん摘んでいきます。

でも摘むのは本当に若い葉っぱだけ。

写真真ん中の葉は「ファースト」で最高に美味しい。続いて左が「セカンド」、右が「サード」の品質の順番。

ターッタの畑には、他にも色んなスパイスや野菜、果物、ゴムの木などがたくさん。
「コヒラ」というスリランカならでは野菜も。

茎のトゲトゲをナイフで落として、

落ちているプアの木の葉っぱで包んで持って帰ります。

帰りはペタペタ歩いて。

そして、
家に帰ると収穫したテーコラ(茶葉)を軽く約3時間くらい干して。
その後、木臼に入れて

これでもか!というくらい細かく細かく潰します。
結構大変。。。
そして、細かくなった茶葉を固めて、

後は新聞紙に包んで、翌朝干します。飲めるのは2日後。
んー。楽しみ★

そうそう、今日畑でとってきたコヒラは削って、ココナッツやタマネギと一緒に「コヒラサンボーラ」に。


ハールマッソーホディー(小魚のカレー)とアラバトゥマ(じゃがいもの炒め物)と一緒に美味しく頂きました。感謝。
ラサイ(美味しい)!&グナイ(身体にいい)!