みんなでスリーパーダ。2018.

ほぼ恒例行事になりつつある聖山スリーパーダへのお参り。6回目。

ちなみに過去の記事は
http://karapincha.jp/blog/?p=4271 (2017年)
http://karapincha.jp/blog/?p=2824 (2015年)
http://karapincha.jp/blog/?p=1295 (2012年)

カラピンチャの店を始めると決めた時に参って、それからなるべく足を運ぶようにしています。

ただ今年は、僕達だけでなく、ヘーマさんの親戚達も一緒です。
総勢12人!

001メンバー

いつもは汽車やバスでアクセスするのですが、今回は親戚の車で。
途中で休憩しながら、

002休憩

途中の風景
003途中の風景01

005途中の風景02005途中の風景03

そして、スリーパーダの麓ナラタニヤ(デルハウス)に到着。
006adamspeakinn親戚の一人バンダーラアイヤーの友達が経営するアダムスピークイン(宿)の食卓を借りて、お弁当タイム。

006お弁当

007お弁当

例年はこのエリアの安宿で深夜2時くらいまで仮眠をとるのですが、
今回は年配者も含む大所帯なので、そのまま10時にスタート。(それでもちょっと早すぎるかな?)

008スタート

今回は、かなりのゆっくりペースの登り降りだったので、たくさん写真を撮りました。
パラパラパラとご覧下さい。

麓付近の参道は、登山用の防寒着やお土産店が多数。

009お土産

010お土産屋011アイスクリーム屋今回、初めて見たアイスクリーム屋

012お土産1

 

013お土産014ドドル01014ドドル02ドドル(羊羹のようなお菓子)
スリーパーダの名物土産

015_人形

016お寺も

お寺もあります。

017_門

018_橋

019_コーピ020_コーピ休憩コーピ(コーヒー)休憩

 

020妙法寺日本妙法寺

021

道のりはまだまだ。

022夜の山夜のスリーパーダ
山頂へと続く参道の灯り

023ヘッドマッサージシッダーレーパの休憩所で簡易ヘッドマッサージ

024カデー途中にはたくさんカデー(お店)があって、紅茶や軽食で休憩できます。

025カデーロールス、ワデー、エラワルロティ

026カデー2

また別のカデー

027仮眠も出来る休憩所仮眠もできる休憩所

028水浴び

029水浴び2水浴びをして。
デヒ(ライムのような果実)を絞って頭に塗ります。

30カダラ茹でたカダラ(ひよこ豆)。 削ったココナッツを和えたり。キャーリミリス(粗削りのレッドチリ)を和えたり。

031登り参道はつづく
年配のお姉さん達は、ちょっと足がきつそうですが、仏陀への思いが後押ししてくれます。

032カデー3 またカデーで休憩
033カデーでテークリームクラッカー(マリバン)とプレーンテー(ストレートティー)で。
034糸を035糸2ここの場所インディカトゥパハナでは、初訪問の人は祈りを込めたインディカトゥワ(針)のついた白い糸を持って登ります。

036登って来た景色見下ろすと登って来た参道が遥か向こうに。

037頂上が見えた ついに頂上が見えた。

038頂上頂上でお祈り。(そこのエリアは撮影禁止) そして、訪れた回数、鐘を慣らします。(6回)
そして、どうしても拝みたい日の出まで、もう少し。

それにしても寒い。

IMG_0803ひっつきあって寒さをしのぐ人々。

038お月様お月様

039ウェイティング日の出の時間が近づき、集まる人々。

041日の出かなり明るくなった空

042待つ顔固唾を飲んでウェイティング。

043日の出2来た!

044日の出3めっちゃ来た!!
今年も宜しくお願いします。
045さあ日光を浴びながら下山。

046朝日もいいけ朝日もええけど、お前もなかなか。

 

047急な道048急な道2明るくなって改めて急な道を登って来たことを実感。

049景色050景色2すごい眺め。

051犬も人犬も人も朝日が気持ちいい。

062猿下りも休憩しながら。

053ロティロティカムダ?(ロティ食べようか?)
054ロティ食べるオウカナワー!(はい食べます。)

 

055気合い物資の運搬は気合いで
055振り返れば振り返れば。

 

056登山でのダイエット効果を確認ダイエット効果を確認

 

057朝ご飯 下山途中の朝ご飯はアーッパ

 

058景色

 

059日本妙法寺日本妙法寺

060気合い気合い

 

061茶摘み茶を摘む人々

 

062猿ちょっとビビってしまう橋の番人(番猿)達。

 

063後少し後少し

 

064ほんとに後少しホントに後少し

 

065ナラタニヤ066ナラタニヤやったー!ナラタニヤに帰って来た。
067昼ご飯お腹がすいて、麓の食堂で早めの昼ごはん。
パリップ(レンズ豆)、ボンチ(三度豆)、カラワラ(干し魚)、ラトゥアラ(ビーツ)別皿のがククルマス(チキン)。ベーシックで美味しい!
068お疲れさまでしたお疲れさまでした。
いつもありがとうございます!

 

スリーパーダ。
この山の道はほぼ階段で、ライトが灯っており、自然を楽しむトレッキング的な魅力はありません。
スリランカの人々にとって、この山は聖山。お参りのための山。
子供や老人も関係なくみんな一生懸命登る大切な山。

僕たちも毎回、感謝というか、報告というか、確認というか、そんな気持ちで登っています。

僕が言うようなことではないですが、スリーパーダに登るなら、是非清い心構えで登ってみて下さい。
そうすると、さらに気持ちいいです!

キリアンマー・ダーナヤ。儀式。

前記したキャーガッラ・ヘッティムラの滞在中に、
とても興味深い儀式を体験できる機会がありました。
「キリアンマー・ダーナヤ」
※僕が理解したこと、体験したことを記します。誤解や間違いがあるかもしれませんのでご了承下さい。

「ダーナヤ」というと「お布施」などを意味し、ハームドゥルオ(お坊さん)などに対して行われることが一般的ですが、
この場合は、7人の年配の女性(キリアンマー)達が、白い服に実を包み早朝(水曜日か土曜日)に家にやって来ます。
いつもは家でおしゃべりをしている親戚の女性達ですが、この時は特別な存在。

「パッティニマニヨ」という女性の神様に祈りをささげるために、このキリアンマー達にお布施をします。

その女性達にお布施のために、キリバット(ココナッツミルクライス)やキャウン(揚げ菓子)、バナナ他を事前に用意します。

深夜2時にキリバット作り。

IMG_0346

大量のココナッツミルク絞り。
IMG_0348外で大きな鍋を使ってお米&ココナッツミルクを炊きます。

IMG_0355

綺麗に伸ばして。

 

IMG_0360綺麗にカット。

 

IMG_0367

玄関外には、ココナッツの葉で作ったマルパラを設置。

そして、キリアンマー達が到着。

IMG_0373

火が灯されお祈り。

 

IMG_0377そして家の中へと。

 

IMG_0393次々に用意したものをお布施します。

IMG_03987人のキリアンマー達

 

IMG_0407

「パッティニマニヨ」(神様)へのお供え。

 

IMG_0413

IMG_0430

そしてココナッツミルクを涌かします。儀式の際に良く行われます。

 

IMG_0425

涌かしている間はお経が読まれます。

 

IMG_0441

綺麗に涌きました!

 

IMG_0444最後に涌いたココナッツミルクを参加者の頭に塗ってもらいます。

 

IMG_0450少し明るくなった外へとキリアンマー達は帰っていきました。
儀式の終了です。

スリランカの家庭に滞在していると、時々、こういった儀式を体験できることがあります。
不思議で、説明を聞いても分からないことが多い。
でも変な違和感はなく、素直に清々しい気持ちになれる。
僕達がスリランカ贔屓すぎるのか、どうなのか。

貴重な体験、ありがとうございます。

キャーガッラ・ヘッティムラ。2018.

2018年.今年もスリランカへやって来ました。

毎年4月にカラピンチャで行う旧正月のイベントを一緒に行っているヘーマさんの実家が、キャーガッラのヘッティムラにあります。

ここには、3度来たことがあるのですが、今回はヘーマさんも帰省中。また家の周辺は、ほとんどが親戚の家で、みなさんと楽しい時間を共に出来ました。

こちらは、食を含め、古いスタイルの習慣が色濃く残っていて、めまぐるしく発展するスリランカにおいて、伝統的な料理を楽しめる僕たちに取って貴重な家庭です。
昨年はコンデキャウンと言う祝い事には欠かせない技術を要する伝統菓子も教わりました。
また皆さん菜食なので、野菜へのアプローチが多彩で面白い!

楽しい思い出をいくつか、写真といっしょに記します。IMG_0491ヘーマさんのお母さん。

IMG_1052その台所はまさにクラシック。

 

IMG_0477こちらは近所のティラキアイヤー。
手に持っているのはコス(ジャックフルーツ)。

木に登ってこの取ってくれた様子です。

IMG_0472

コス(ジャックフルーツ)の実を落とします。

IMG_0475

 

そして、解体ショーのはじまり。
コスカパナワーまずは斧でバーン!

そして、
IMG_0486

小分けして、中身の部分を取り出します。
コスの実からでる粘液が強烈なので、しっかり手を濡らして作業。
粘液がついても、最後にポルテル(ココナッツオイル)を手にも見込めば容易に取れます。

さらに
コスの解体中身とコスアタ(コスの種)を切れにわけます。
コスはカレーや炒め物など色んな料理で活躍しますが、このコスアタも煮込めばホクホクで美味しい!

IMG_0499コスを上向きの包丁「マンネ」で細かくカットするヘーマさん。
日本での生活30年ですが、やっぱりスリランカの台所がよく似合う。

img_0503_キリコス

調理してくれたキリコス(キリはココナッツミルクの意味)が手前の。

IMG_0506ねっとりコクがあって美味しいんです。
他には、アンバラッラ、ティッバトゥとコスアタ、コヒラと
日本では入手が難しい南国の野菜ばかり。

 

その他の思い出。ランダムに紹介します。
ポルロティの朝ご飯。
IMG_0574ポルはココナッツのことで、
削ったココナッツとパーンピティ(小麦粉)を合わせて生地にして焼きますが、こちらの家庭はハールピティ(米粉)。さらに、クラッカンピティ(四国稗)のも。バナナの葉の上で形成します。
IMG_0572バナナの葉と一緒に、素焼きのプレートの上で焼きます。

 

IMG_0583

出来上がり!
白いのがハールピティの、赤いのがクラッカンピティ(ハールピティも少しミックス)の。
ルヌミリスやパリップと一緒に

ラワリエ

IMG_0589これはラワリエ。
大きなインディアーッパで中にポルパニ(ココナッツの実と砂糖)を包んだような軽食。
バッチリ腹持ちで腹持ち!

IMG_0592

アッガラは、米粉ベースのシンプルなお団子。甘いんですが、胡椒も効いてる。
もっちりではなく、ボソっとした食感。それがイイ!
紅茶と。

そして、近所の親戚の家では、
聞いたことがなかった「キリロティ」と言う料理を教わりました。
IMG_1197これがキリロティ。

アーッパに近い米粉とココナッツミルクベースの緩い生地を、鍋の底の部分だけで焼きます。
IMG_1185それを、
IMG_1182
ココナッツミルクや黒胡椒などを含む甘くてピリッと辛い汁に漬け込んだ伝統料理です。

IMG_1200かじった断面はこんな感じ。
今や作る人も減って、食べたことがない、知らないと言う若者も少なくないそうです。
酸味と甘みが絡んだ独特の味わいでついついもう一個と手が伸びます。

他にも風景や食べたもの。

 

IMG_0524稲を刈る近所の田んぼ。

スリーウィーラーに乗り込む猫。スリーウィーラーに乗り込む猫。

IMG_0502酸っぱい木の実アンバラッラのカレーの準備。

レーナ スリランカのリス

キリバット食べるレーナ(リス)w

IMG_0522滞在中には、スリランカ全土で行われた地方自治体の選挙。

IMG_0523近所のお寺に設置された選挙会場。会場には銃を持った警察官が警備。

IMG_0527近所の親戚の家でいただいたパニワラル。
たった500m先の選挙会場に行って帰ってくるのに、寄り道&立ち話で3時間。スリランカン時間が流れていきますw

ペットボトルロケット発射!
youtubeを見て作ったそうです。大成功w

IMG_0509

休日に近所のカデー(お店)にたむるする楽しいおっちゃん達。

IMG_0568

近所の親戚がくれたお弁当。
ポロス(若いジャックフルーツ)、ガスラブ(青パパイヤ)、アラ(ジャガイモ)など。

 

IMG_0531

ポル(ココナッツ)を取るアイヤー。

ケセルムーワのカレーケセルムーワ(バナナの包葉)のカレー。

IMG_0559スリランカの田舎。ゆっくり流れる時間。めっちゃ気持ちいいです。
いつもありがとうございます。